FEATURE, WORLD WATCH, アメリカ

ウェブで画像をアップするだけで額に入れて届けてくれるサービス「Framebridge」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入りの写真やイラストを部屋に飾るとき、額縁に納めると見栄えがぐっと良くなります。
しかし、額縁のお店に足を踏み入れるのは少しハードルが高く感じてしまうところもありますよね。
そんな中、オンライン上で手軽に額装を頼めるサービス「Framebridge(フレームブリッジ)」がアメリカで登場しました。
なんと、写真やイラストをオンライン上でアップロードするだけで額装をオーダーできるのです。

mainimage01

画像をアップロードまたは郵送するだけの簡単オーダー

image01
「Framebridge(フレームブリッジ)」は、2014年にアメリカでスタートした額装サービス。
お店にわざわざ足を運ばずとも、オンライン上で手軽に額装を頼めます。
仕組みはとてもシンプル。まずはウェブ上で頼みたい額縁を選び、額装して欲しい写真やイラストをアップロードして注文すると、最短で6日後に額装された状態で自宅に届けてくれます。
写真やイラストを郵送して注文することも可能で、予めパッキング用の梱包材を送ってもらうこともできます。

image02
オーダーしてから手元に届くまでにかかる日数は、ウェブ上からアップロードした場合は6〜12営業日、郵送の場合は7〜17営業日とのこと。梱包材を送ってもらう場合は、さらに1〜5営業日かかります。

image03
料金体系も分かりやすく、料金は写真やイラストのサイズのみで決まります。
一番小さい5インチ(約12.7cm)四方までのインスタグラム用フレームなら39ドル、一番大きい32×40インチ(約81.3×101.6cm)サイズなら159ドルで、サイズごとに6段階に分けられています。
フレームやマットの種類で価格が左右しないので、とてもシンプル。アメリカ国内の送料もこの価格に含まれています。


さまざまなスタイルの額縁を用意

image04
額縁は、西洋の絵画で使われているようなクラシカルなものから、ミラー素材を使った現代的なものまで、さまざまなスタイルを用意してあります。
また、抽象画や地図、白黒写真、風景など、写真やイラストの種類を選ぶことで、おすすめの額縁を見ることもできます。さらに、ベッドルーム、子供部屋、リビングなど、飾る部屋を選ぶことで検索することも可能です。
また、種類は多くはありませんが、キャンバス画用の額縁も用意されています。

image05
額縁の詳細ページでは、使用イメージをたくさん見ることができます。手に取れない分、しっかりイメージを確認できるのは嬉しいですね。
使用するマット(額縁と絵の余白の部分)は、ホワイトかオフホワイトかで選べます。額縁によっては、ブラックやグレーなど、その額に合った色を選べる場合も。
もちろん、マット無しで額装することも可能です。

image06
また、バレンタインデーの限定企画として、ハート形にくりぬいたマットで額装できるサービスも。バレンタインのギフト以外にも、結婚式のウェルカムボードにも良さそうですね。


壁面装飾のコンサルティングも頼める

image07
「Framebridge」では、壁面装飾のコンサルティングサービスというちょっと変わったサービスも提供しています。こちらは、壁に複数のアートをまとめて飾りたいときに、その額縁の種類や壁へのレイアウトを提案してくれるというもの。
まずは電話で相談し、顧客の希望や好み、飾りたいアートの数などを聞いたあと、2パターンのレイアウト案を出してくれます。
そこで気に入った方を選ぶと、サイズやレイアウトの最終調整が行われ、額装されたアートと壁面に飾るときのプランが届くという仕組みです。
料金は99ドルですが、そのうち50ドルは額装代に使われるとのこと。額装が50ドルを超過した倍は、その超過分が追加請求されるという仕組みだと思われます。


一番小さいサイズだと39ドルで額装ができるので、思っていたよりも安く感じたのですが、やはり他の額装サービスよりも安い設定のようです。
額縁の種類をある程度厳選し、たくさんストックを持つことで、コストを下げているとのこと。
他の額装サービスでは額縁の種類が多すぎて、お客さんからのオーダーが入ったあとに1つずつ発注するので、どうしても単価が高くなってしまうそうです。

実は私もイラストを描くので、こちらのサービスはとても興味深いサービスでした。アメリカ国外への発送にはまだ対応していませんが、いつか利用できるといいなと思います。

Framebridge(フレームブリッジ)
https://www.framebridge.com/

Previous ArticleNext Article