NEWSSHOPPING

良品計画、新業態となる「無印良品 500」を東京・三鷹にオープン ー 500円以下の商品を販売

良品計画は、500円以下の商品を中心に集めた新業態「無印良品 500」を東京・三鷹のアトレヴィ三鷹に9月30日にオープンした。
2023年2月末までに都心部を中心に「無印良品 500」を30店舗オープンする計画だ。

500以下の商品が約7割を占める新業態

「無印良品 500」は、500円以下の商品を中心に販売する無印良品の新業態となる店舗。生活に欠かせない、キッチン用品や掃除用品、スキンケア用品、文房具などを取取り扱う。
アトレヴィ三鷹では、約3,000アイテムを取り扱っており、そのうち約2,000アイテムが500円以下の日用品となる。

通常の無印良品と比べて売り場面積をコンパクトにし、駅ナカや駅チカ、街中など、日常的に来店しやすい生活圏に出店していく。アトレヴィ三鷹に関しては、MUJI comをリニューアルする形で55坪のスペースにオープンした。

無印良品は、来春以降に500円以下の日用品のラインナップを拡大させていく方針で、23年春夏シーズンに約100アイテムの新商品を販売する予定。
「無印良品 500」に関しては、2023年2月末までに都心部を中心に30店舗、その後も年間20店舗ペースで出店していく計画だ。

イイヅカ アキラ
Shopping Tribe編集長。Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。

You may also like

Comments are closed.