NEWS

アジア最大級のソーシャルギフトサービス運営企業が日本市場に参入 ー 「cotoco(コトコ)」を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アジア最大級のソーシャルギフトサービスを運営するSK planet Japan株式会社は、気持ちを伝えあうコミュニケーションの中でギフトを贈ることができるソーシャルギフトサービス「cotoco(コトコ)」を、8月5日に公開し、日本市場に参入したことを発表した。

cotoco
「cotoco(コトコ)」は、「言葉を送るように、ギフトを贈ろう」をコンセプトとし、気持ちを伝えあうコミュニケーションの中でギフトを贈ることができるソーシャルギフトサービス。
パソコンやスマートフォンで贈りたいギフトと相手を選んで、EmailやLINE、Twitterを通じてギフトチケットを贈ることが可能で、受け取ったギフトは店舗やオンラインストアで実際のギフトに引き換えることができる。

cotoco2

サービス開始時点で1万2,000店舗に対応

サービス開始時には、スターバックス、ツタヤオンラインショッピング、ピザーラ、ファミリーマート、マリオンクレープ、8月8日からはバーガーキングを含めた計6社、計31種のアイテムを取扱う。8月5日時点で約12,000店舗で利用できる。
決済方法はクレジットカード決済、キャリア決済、コンビニエンスストア決済に対応する。

cotoco3
SK planetは、市場シェアの50.5%を持つ韓国No.1携帯キャリアのSK telecomから2011年に分社化され、現在は韓国に加え、アメリカ・トルコ・インドネシアで事業を展開している。
韓国で展開しているソーシャルギフトサービス「Gifticon」は、韓国内で200社以上の企業と提携し、韓国全体で45,000店舗をカバーしている。

「cotoco(コトコ)」は、3年後となる2016年度に日本のソーシャルギフト市場におけるNo.1ポジションの獲得を目指す。


cotoco(コトコ)
https://cotoco.net/

Previous ArticleNext Article