SquareとBASEがサービス連携を開始 ー 2024年にはデータ連携も計画

FEATURENEWSSHOPPING

SquareとBASEは、日本国内でネットショップと実店舗を運営する事業者を支援する目的で、サービス連携することを発表した。第一弾として相互のサービスを事業者へ紹介するプログラムを実施し、2024年にはデータ連携も計画している。

ネットショップ作成サービス「BASE」を展開するBASEと、実店舗向けの「Square POSレジ」などの決済サービスを展開するSquareが連携を進める。
具体的には、「BASE」を利用してネットショップを開設した事業者に対して、SquareのPOSレジなどの実店舗向けソリューションを紹介し、Square加盟店がネットショップを開設する際には、「Square オンラインビジネス」や第三者パートナーのサービスに加え「BASE」を紹介する。

2024年には、両社の強みを活かした更なるサービス連携を予定しており、事業者がネットショップと実店舗のデータを連携できるようにする計画だ。
例えば、「BASE」上のデータをSquareが提供する「Square データ」で読み込めるようにしたり、売上データを一元管理できるようにする。

SquareとBASEは、中小規模ビジネス(SMB)に最適なサービス連携を目指し、ネットショップと実店舗の負担軽減と販路拡大の強化を図るとしている。

イイヅカ アキラ
ST編集長。Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。

You may also like

Comments are closed.