Apple Vision Proはショッピングを変えるか

COLUMNNEWSSHOPPING

Appleは6月5日(現地時間)、開発者向けイベント「WWDC23」の中で、新デバイス「Apple Vision Pro」を発表した。VRゴーグルを売り出す各社が“メタバース”を推す中、Appleは“空間コンピューター”という新ジャンルを打ち出す。それはリアルと地続きなAR(拡張現実)を発展させたような世界観で、リアルとCGの融合を目指したデバイスだ。

価格は、米国で3,499ドル(日本円換算で49万円)。Proとあえて付けているように、ハイエンドなモデルとなる。米国のApple Storeで2024年初旬に発売予定で、その他の国では2024年後半となる見込み。
少し気が早いが、今回はショッピングに与える影響について考えてみたい。

実物を見るようなオンラインショッピングを実現する

オンラインショッピングにおいて超えられない壁、それは実物を見られるか見られないかだ。高画質な写真や動画を持ってしても、そこには大きな隔たりがある。
ここ数年で360度の角度から閲覧できる写真やARを活用する事例も増えてきているが、まだまだ理想には届いていないというのが現状だろう。
しかし、「Apple Vision Pro」は、実物を見ているような感覚をかなり高い水準で実現しているのではないかという、期待を持たせてくれる。

3Dオブジェクトを目の前に開いたシーン

プレゼンテーションではメッセージアプリで受け取った3Dオブジェクトを目の前に置き、あらゆる角度から眺める様子が紹介された。
ディスプレイを通した3Dにはどうしても限界があるが、よりリアルに感じることが可能になるのではないだろうか。これにより実物を手に取っているような感覚にかなり近づくことが期待される。

部屋のカスタマイズがCGでシミュレーションできる

イケアが提供する「IKEA Place」をはじめ、 ARを活用した家具の配置シミュレーションサービスによって、物理的には実現が困難な確認も行えるようになってきた。しかしスマートフォンを通してみる際にネックとなるのが、サイズ感に少し不安を感じたり、全体感を見るのが困難というところだ。「Apple Vision Pro」なら、オブジェクトをリアルな空間により自由に配置し、好きな位置から確認することも可能になるだろう。それによりさらに実際の部屋に家具を置いた状態が再現できるのではないかと考えられる。

もう一段想像を進めると、ソファを配置して確認する際に、様々なソファを次々と切り替えながら確認するといったインターフェースも実現できるだろう。そして、部屋の壁紙を自由に変えてみたりといったことまで可能になるのではないか。もしかしたら「Apple Vision Pro」を付けている間は全く違う部屋にいるようなカスタマイズなども可能になるかもしれない。

3D動画によりその場にいるような体験ができる

「Apple Vision Pro」には3D動画を視聴できるだけでなく、3D動画・写真を撮影する機能も備わっている。プレゼンテーションでは、家族との時間を再体験する様子が紹介された。この機能を使えば、家電を使う様子を実際に使っているかのような体験をしてもらうことも可能になるのではないだろうか。

家族と過ごした場面を再体験する

「Apple Vision Pro」を実際に体験した人からは、「ほんとうにその場にいるように感じる」という声もあるため、体験コンテンツをさらに一段あげることができるかもしれない。
ここで大きいのはメーカーにとっても「Apple Vision Pro」1台あれば、商品を撮影し、どこでもプレゼンテーションができるようになるという点だ。ショールームにおいても実際に使ってみることができないケースは多いが、これによってあらゆる体験を提供できるようになるのではないか。
「Apple Vision Pro」はコードで接続されたバッテリーで2時間動くようなので、場所による制約も少ない。

「Apple Vision Pro」を実際に体験した人からは、プレゼンテーションの世界観もしくはそれ以上が実現できているという声が多い。決して普及モデルというわけではないと思うが、これをきっかけに、AR、3D動画などのこれまで進められてきた取り組みが一段と加速する未来が期待できる。場所の制約を取り払った体験、2024年から様々なことが動き出しそうだ。

イイヅカ アキラ
ST編集長。Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。

You may also like

Comments are closed.