FEATURENEWS

RF1のロック・フィールドが本格冷凍食品ブランド「RFFF(ルフフフ)」を展開

「RF1」などの惣菜チェーンを展開するロック・フィールドが、新たに本格冷凍食ブランド「RFFF(ルフフフ)」を11月1日より販売開始することを発表した。
レストランをルーツに持つ同社が、渾身の一皿を家庭の食卓に提供する。

「丁寧なものづくり」への想いとこだわりを詰め込んだ冷凍食品ブランド

惣菜を通して「豊かなライフスタイルの創造」に貢献することを企業理念として掲げ、全国のデパ地下や駅ビルに「RF1」や「神戸コロッケ」などの6つのブランドで約310店舗を展開するロック・フィールド。

時代の変化が加速し、社会のニーズが多様化する中、食事の選択肢を広げたいという想いから、新たな挑戦として5年以上前から冷凍食品の開発・販売を行なってきた。
今回は、顧客の食の「場所・時間・心」を自由にし、多様な暮らしを支える冷凍食品ブランドとして「RFFF」を立ち上げるに至った。

「RFFF」は、1965年に神戸元町で開業した欧風レストランをルーツとして持つ同社が、本格的なレストラン品質の料理の中から、冷凍食品としてて最適なメニューを厳選し、主菜・副菜・おつまみなど、30種以上の豊富なラインナップで展開する冷凍食品ブランド。

商品カテゴリーとしては、魚介料理、肉料理、グラタン・ドリア・リゾット、パスタ・キッシュ・ライス、スープ、揚げ物などを展開予定で、素材の良さを最大限に活かした調理法を考え抜き、妥協なき一皿として展開する。

殻ごとおいしい ガーリックシュリンプ(2023年1月~販売予定)

グリルハンバーグ 濃厚あめ色玉ねぎソース 1個入り

名称に関しては、“Rock Field Frozen Foods”の頭文字を取り、「るふふふ」と笑みがこぼれるご褒美時間の喜びを表現している。

販売は、ロック・フィールドオンラインショップを予定しており、 RFFFのブランドサイトも10月13日に公開予定となる。

イイヅカ アキラ
Shopping Tribe編集長。Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。

You may also like

Comments are closed.