FEATURENEWS

ZOZO、米国でZOZOSUITを活用したボディーマネジメントサービス「ZOZOFIT」を提供開始

ZOZOグループのZOZO Apparel USAは、ボディーマネジメントサービス「ZOZOFIT」を8月24日より開始した。フィットネス・ダイエット・ボディメイクなどのさまざまな目的において、進捗を確認できるサービスとして提供する。

より精細な計測が可能となった3Dボディースーツを活用

「ZOZOFIT」は、従来よりより精細な計測が可能となった「ZOZOSUIT」と専用アプリを用いて、ジムや自宅で手軽に高精度な3Dボディースキャンと計測データのトラッキングを可能にするサービス。価格は98ドルで、アプリは無料で利用できる。

ZOZOSUITは、従来より精細な身体の3Dモデル生成を可能にした3D計測用ボディスーツで、2020年10月に「ZOZOSUIT 2」として発表したモデルを改称したもの。
“ZOZOSUITを着用し、ZOZOFIT専用アプリで360度撮影することで体型を計測できる”という、従来の基本的な計測方法はそのままに、ZOZOSUITに施された約20,000個のドットマーカーを空間上で検出することで、肩幅、胸囲、腕周囲、ウエスト周囲、ヒップ周囲、太もも周囲、ふくらはぎ周囲の7つの主要な部位の計測結果が表示される。専用アプリでは、過去データとの比較推移が可能なため、体型の変化を随時チェックできるというものだ。

ZOZO Apparel USA CEO 乾 卯太弘氏は以下のようにコメントしている。
 
「この技術を誰もが入手できる価格で提供することで、自身の体型変化を記録し、身体をより深く知ることが誰にとっても身近となるパラダイムシフトを起こすものだと考えております。
私たちは「ZOZOFIT」を通じて、人々が充実した健康管理やフィットネスを実践し、一人ひとりの自己実現を成し遂げていくことを応援するサービスづくりをおこなってまいります」

自分にあった服を選ぶためのスーツとして誕生した「ZOZOSUIT」が新たな役割を持って再出発した。今後どのように発展していくかに注目したい。


ZOZOFIT
https://zozofit.com/

イイヅカ アキラ
Shopping Tribe編集長。Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。

You may also like

Comments are closed.