NEWS

KINTO、中古車のサブスク「KINTO ONE(中古車)」を開始

トヨタグループの株式会社KINTOは、新たに中古車のサブスクリプションサービス「KINTO ONE(中古車)」を7月27日から開始した。
まずは東京からスタートし、順次エリアの拡大を図る。

新車のサブスクで返却された車を中古版で提供

「KINTO ONE(中古車)」は、トヨタ正規販売店によるメンテナンスを施した車の中から状態の良い中古車をラインアップし、新車よりリーズナブルな月額利用料で提供するサブスクリプションサービス。
2019年3月から開始した新車のサブスク「KINTO ONE」で返却された車を活用する形で、中古車のサブスクを開始するに至った。

サービス開始時点では、「ルーミー」「ヤリス」「RAIZE」などの約10車種を用意。今後も新車のサブスクで扱っている車種を順次追加していく予定。中古車であることから納車は約1.5ヶ月と早いのも特長だ。
契約期間は2年となっており、契約時に月額の6ヶ月分に相当する申込金が必要となる。月額利用料の中には、自動車保険や税金、メンテナンス代などの諸経費を含めている。

今後は、トヨタとKINTOで2022年より開始したサービス「KINTO FACTORY」を通じて、契約者が利用中の中古車に対して技術革新や経年劣化に合わせてソフト・ハードの機能やアイテムをタイムリーに反映する取り組みも計画しているとのこと。


KINTO ONE(中古車)
https://up.kinto-jp.com/

イイヅカ アキラ
Shopping Tribe編集長。Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。

You may also like

Comments are closed.