NEWS

ZOZO、WEARにフリマ機能を今夏導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ZOZOは、同社が運営するファッションコーディネートアプリ「WEAR」において、新たにファッションアイテムを簡単に出品・購入できるフリマ機能を今夏より導入することを発表した。


コーディネート投稿と連携したフリマ機能

「WEAR」は、現在アプリダウンロード数が1,600万件を突破しており、1,200万件を超えるコーディネートが投稿されているファッションコーディネートアプリ。
このアプリで、新たに服でつながる「ファッション特化型ソーシャルコマース」を展開し、アプリ上からファッションアイテムを簡単に出品・購入できるフリマ機能を導入する。

WEARアプリのマイページに登録しているファッションアイテムを簡単に出品できるほか、他者が投稿したコーディネートに使われているアイテムを「WANT(欲しい)」ボタンから出品をオファーすることも可能。オファー時には購入希望額を設定できるため、オファーを受けた投稿者はその需要を確認しながら出品することができる。
また、WEARに出品したアイテムは「PayPayフリマ」にも同時出品することも可能。


WEARならではの特徴としては、投稿者の身長からサイズ感や、気になったアイテムの他のコーディネートをチェックできることや、ZOZOTOWN上にデータがあるものに関しては「商品の参考価格」「在庫状況」を参考にしながら購入を検討できる点にある。

利用するユーザー層に関してもファッション好きが多いという点も他には違う優位性になるため、いかに出品を増やせるかが鍵になってくるだろう。

Previous ArticleNext Article