NEWS

横浜高島屋、メンズファッションのサブスク「United and Untiedサブスクリプション」を開始 ー プロのスタイリストが提案した服をレンタル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜高島屋は、プロのスタイリストがコーディネートした商品を月額定額料金でレンタルできる「United and Untiedサブスクリプション」を開始した。


プロのスタイリストが提案した服をレンタル

「United and Untiedサブスクリプション」は、“洋服を選ぶのが苦手”、“たまにはいつもとは違うテイストの洋服を選びたい”といった、ファッションに関する顧客の悩みを解決するサービスとして、横浜高島屋の6F紳士服売場で新たに開始するもので、月額2万2,000円の定額料金でスタイリストが提案する服を1ヶ月5着までレンタルできるサービス。

対象ブランドは、「マックレガー」「マウリツィオ バルダサーリ」「ヴィコント アー」「セルジュブランンコ」の4ブランドで、アウター、シャツ、カットソーなどの約100種から提案し、サイズはMからLLまで用意している。服を気に入った場合は、横浜高島屋にて60%OFFで購入することもできる。(一部対象外あり)

サービスの申し込みは店舗か電話で受け付けており、プロのスタイリストがその場で要望にあわせたコーディネートを提案し、気に入った商品をレンタルできるサービスとなっている。
店舗であれば採寸もしてくれるため、フィッティングも安心だ。


店舗では試着しながら服を選べるほか、電話の場合もLINEを使って写真でコーディネートを確認しながら服を選ぶことができる。自動継続はなく、1ヶ月ごとの契約となるため、初回は店頭で申し込み、2回目からはLINEで利用するといったことも可能だ。

支払いは店舗もしくは、高島屋カードの会員であれば電話でも可能。いまのところその他の決済手段は用意されていないとのこと。

横浜高島屋は、「United and Untiedサブスクリプション」を通して、顧客満足度向上につなげながら、百貨店におけるメンズカジュアルマーケットの活性化を図る。

United and Untiedサブスクリプション(ユナイテッド&アンタイド サブスクリプション)
https://united-untied.com/column/?pi3=280442

Previous ArticleNext Article