NEWS

ブルーボトル、ロッカー式のポップアップカフェを渋谷で展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルーボトルコーヒージャパン合同会社は、ロッカー式のカフェ「BLUE BOTTLE COFFEE Pop Up Cafe – Shibuya –」を渋谷スクランブルスクエアに12月1日から期間限定でオープンすることを発表した。


ブランド初となるロッカー式カフェを展開

「BLUE BOTTLE COFFEE Pop Up Cafe – Shibuya -」は、ブランド初の試みとなるロッカー式のカフェ。ブルーボトルを初めて利用する人やコーヒーをスムーズに受け取りたい人にシームレスなコーヒー体験を提供するべく展開されるもの。3Fのカフェだけでなく、2Fに物販専門のショップも展開する。期間は2022年2月15日まで。


店舗には、タッチスクリーン式のドリンクオーダ専用端末が用意されており、ホットとアイスの10種類のドリンクが注文可能。注文時にはパネル上で、ドリンクにあったクッキーやカステラなどの提案もあるという。
注文後に、バリスタが作った出来立てのコーヒーが指定のロッカーに格納され、ライトが光って出来上がりを知らせる流れとなる。なお、バリスタはロッカーの裏で作業しているとのこと。


専用ロッカーはスキーマ建築計画がデザイン。ブルーボトルコーヒーのブランド創始者であるジェームス・フリーマンの「シームレスなカフェ体験を、心地よさを残した形で表現したい」という考えに応える形で、温もりのある木の素材や、蜂蜜をイメージしたアクリルで表現されている。システムはロボットカフェ「root C」を展開するNew Innovationsがデザインと構築を担当している。

BLUE BOTTLE COFFEE Pop Up Cafe – Shibuya –
住所:東京都渋谷区渋谷2丁目24−12渋谷スクランブルスクエア
3F POP UP スペース (BLUE BOTTLE COFFEE Pop Up Cafe – Shibuya -)
2F Space2 (ブルーボトルコーヒー ポップアップストア 渋谷スクランブルスクエア)
営業時間:10:00~21:00
開催期間:2021年12月1日~2022年2月15日
Previous ArticleNext Article