NEWS

ダイソーの新業態「Standard Products by DAISO」が新宿に2号店をオープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社大創産業は、ダイソーの新業態「Standard Products by DAISO(スタンダードプロダクツバイ ダイソー)」の2号店を新宿アルタに10月22日、オープンすることを発表した。


1号店の1.5倍のスペースで2000点を揃える

「Standard Products」は、「ちょっといいのが、ずっといい。」をコンセプトとしたダイソーの新業態。2021年3月に1号店を渋谷マークシティにオープンし、今回は2号店となる。
2号店がオープンするのは新宿アルタの1F。1号店の1.5倍となる売場面積で、約2,000アイテムを揃える。価格は約7割が300円(税込330円)で、残りは500円(税込550円)から1,000円(税込1,100円)の商品が占める。

このブランドは“良質で心地いい製品を長く使いたいというニーズの高まり”に応えるべく誕生しており、年齢・性別を問わず、生活に取り入れやすいベーシックで洗練されたデザインを意識して作られている。

取り扱う商品は、和洋折衷で使えるシンプルなデザインの食器や新潟県燕市製のカトラリー、日本の木材・間伐材でつくった雑貨など、使いやすさや、環境に配慮した素材、感動価格、感動品質であることが考慮されているとのことだ。


大創産業は、「新宿アルタ店では、店外・店頭の大型サイネージを活用した商品情報、商品の活用アイデアなど、『新しいスタンダード』の生活イメージが湧く情報の発信を通して、お客様とのつながりをより強めていくことを目指しています」とコメントしている。

Standard Products by DAISO(スタンダードプロダクツバイ ダイソー)
https://standardproducts.jp/

Previous ArticleNext Article