NEWS

ストライプデパートメント、百貨店向けECサービス「DaaS」で新たに長野の百貨店と提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

STRIPE DEPARTMENT(ストライプデパートメント)」を運営する株式会社ストライプデパートメントは、同社が展開する百貨店向けECサービス「DaaS (Department EC as a Service)」において、長野県で百貨店を展開する株式会社井上と業務提携し、百貨店ECサービスを3月20日より開始することを発表した。


12百貨店にECを提供

「DaaS(ダース)」 は、百貨店にECプラットフォームを提供し、百貨店ECサイトの運営をストライプデパートメントが代行するサービス。百貨店は、イニシャルコスト、ランニングコストともに0円で、約1000ブランドの品揃えのECを顧客に提供できる。会員獲得や百貨店会員の購入金額に応じて、ストライプデパートメントから百貨店へ手数料を支払うため、収益の向上を見込めるとしている。


これまでに金沢・富山で展開する株式会社大和、大分・別府で展開する株式会社トキハなどと業務提携しており、現在は全国の12百貨店(2021年3月時点)のECを提供している。

Previous ArticleNext Article