NEWS, SHOPPING

楽天、ショップ・オブ・ザ・イヤー2016発表「Joshin web」が初グランプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天は1月25日、「楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー2016」を発表した。今年は総合賞10年連続受賞となる「Joshin web 家電とPCの大型専門店」が初めてグランプリを獲得し、次いで「エディオン 楽天市場店」「ビックカメラ楽天市場店」といった形で家電を扱うショップが上位3位を占めている。

rakuten1

Joshin webが初グランプリ

楽天の「ショップ・オブ・ザ・イヤー」は、全国の「楽天市場」に出店する約4万店舗の中から、楽天会員による人気投票や売り上げなどを総合的に評価し、その年のベストショップを選出しており、今回19回目を迎える。

今年は10年連続で総合賞のトップ10入りを果たし、昨年2位だった「Joshin web 家電とPCの大型専門店」が初めてのグランプリを受賞した。
昨年までは7年連続で「爽快ドラッグ」がグランプリを受賞していたが、今年はショップオブザイヤーから姿を消している。楽天が昨年10月に買収したことが影響したと思われたが、「買収が理由ということではなく、基準に沿って審査した結果」とのことだった。

総合賞受賞店舗は6位まで昨年と同じ顔ぶれだったが、新たな顔ぶれとしては「自然の都 タマチャンショップ」「頑張る家具屋 タンスのゲン」がランクインし、2年ぶりに「イーザッカマニアストアーズ」が受賞している。

また、ショップ・オブ・ザ・イヤーの賞を10年連続で受賞した店舗を表彰する「10年連続賞」には、「charm 楽天市場店」「くらしのeショップ」「京都発インナーショップ白鳩」「サプリ専門店 オーガランド」「NetBabyWorld」「よなよなの里 エールビール醸造所」の6社が受賞した。

新人賞は、「ビジョンスタイル」「VOX 公式ストア」「SUPER FOODS JAPAN」の3店舗が受賞している。

ショップ・オブ・ザ・イヤー2015 総合賞受賞店舗

グランプリJoshin web 家電とPCの大型専門店」(おもちゃ・ホビー・ゲーム)
総合2位エディオン 楽天市場店」(TV・オーディオ・カメラ)
総合3位ビックカメラ楽天市場店」(生活家電)
総合4位charm 楽天市場店」(ペットフード・ペット用品)
総合5位soulberry(ソウルベリー)」(レディースファッション)
総合6位NetBabyWorld(ネットベビー)」(キッズ・ベビー・マタニティ)
総合7位自然の都 タマチャンショップ」(米・雑穀)
総合8位頑張る家具屋 タンスのゲン」(インテリア・寝具・収納)
総合9位澤井珈琲Beans&Leaf」(水・ソフトドリンク)
総合10位イーザッカマニアストアーズ」(レディースファッション)


「楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー2016」では、総合賞10店舗、ジャンル賞124店舗、サービス賞24店舗、特別賞16店舗の計174店舗(重複を含む)が表彰された。各賞の受賞店舗は下記で確認できる。

楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー http://event.rakuten.co.jp/soyshop/
Previous ArticleNext Article