FEATURE, WORLD WATCH, アメリカ

ウォルマート、UberやLyftと連携した即日配送サービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米小売り最大手のウォルマート・ストアーズは、食料品の配送サービスを強化することを6月3日に発表した。配車サービスの「Uber」や「Lyft」と連携した即日配送サービスを2週間以内を目処に試験的に開始する。

walmart0

実現可能な即日配送サービスの連携

新たに開始する即日配送サービスは、利用者がオンラインから宅配して欲しい商品を注文し、ウォルマートのスタッフがピックアップしたものをドライバーが自宅まで届けてくれるサービスだ。配送料として7ドルから10ドルが発生し、ウォルマートに支払う形となる。

cdn.corporate.walmart-1
まずは小規模で開始して顧客の反応を確かめる。「Uber」と連携したサービスはアリゾナ州フェリックス、「Lyft」はコロラド州デンバーで2週間以内に開始する予定。

ウォルマートは、オンラインで注文して店舗でピックアップできるサービスや、車に乗車したまま受け取れるサービスの拡充を進めているほか、即日配送サービスの「Deliv」と連携したサービスもフロリダ州マイアミの「Sam’s Club」でビジネスメンバー向けに密かに展開している。

即日配送サービスの模索が続くウォルマートだが、自社トラックを使わない形での配送サービスがうまくいけば、一気に対象エリアが拡大することになりそうだ。

Walmart Grocery
http://grocery.walmart.com/usd-estore/

イイヅカ アキラ

イイヅカ アキラ

Shopping Tribe編集長。Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。
【メディア出演歴】
日本テレビ「ZIP!」 / TOKYOFM「中西哲生のクロノス」 / 週刊SPA!
イイヅカ アキラ
Previous ArticleNext Article