FEATURE, REPORT, WORLD WATCH, アメリカ

【体験レポ】訪問スタイリングサービス「Boon + Gable」を使ってみた ー アプリで質問に答えたらスタイリストが家に来た!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
編集長のイイヅカです。服がどんなに買いやすくなっても、何を買えば良いかを決めるのは簡単ではありませんよね。サンフランシスコ発の「Boon + Gable(ブーンアンドゲーブル)」は、スタイリストが自宅に訪問してオススメの服を提案してくれるサービス。今回は「Be Magnetic!」に掲載された三浦茜さんの体験レポートをご紹介します。

プロのスタイリストがスタイリングしてくれる「Boon + Gable」を使ってみました。正直ファッションにはあまり興味がないのですが、新しいサービス好きとしては気になる!面白い体験だったので、ちょいと長文になってしまいましたよ。

boon1

Boon + Gable

サービスの流れは動画で!関係ないけど動画に出てくるバッグはEverlaneのかな。



アプリをインストールして質問に答える

スタイリストに私の好みや体型を理解してもらうため、いくつかの質問に答えます(画像はクリックで拡大)。50問ぐらい答えたでしょうか。この服は好きor嫌い、避けてほしい服の色、普段着ている服のサイズや価格帯など。かかった時間は10分ぐらいかな。

style02


スタイリストの訪問日を決める

スタイリストが私の好みに合わせて20アイテムを持ってきてくれるそうです。直近で空いているスケジュールということで、オフィスでお昼休みを指定してみました。


オフィスじゃダメだった!

が、その後ちゃんとインストラクションを読んだら、スタイリストは最初に私のクローゼットを見学するというではないですか。

クローゼットを見て活用できてない服の活用方法や、スタイリストが私のために選んでくれた服との合わせ方をアドバイスしてくれるみたいなんです。ならばぜひ家に!ということで、翌日にリスケジュールしました。

本来リスケジュールやキャンセルは$40かかるようなのですが、そのあたりは柔軟に対応してもらいました。


スタイリストが我が家に!

style04-1024x763
私が指定したのは8:30のスロット。7:30頃には家についていたので「もう家に着いてるから、早く着いたら来ちゃってねー」とメッセージしておいたところ、8:00ちょい過ぎにピンポーン♪がなりました。ドキドキです。

私のスタイリストさんは背が高いフィンランド人のKiiaさん。
TechCrunchの記事と同じ人でした!サンフランシスコでのサービスはスタートしたばかりのようなので、Kiiaさんがメインスタイリストなのかもしれません。チーム写真の一番左の長身の彼女です。

TeamBG-1024x708
最初に全身が映る鏡の場所を確認。我が家はキッチン横に姿見があったので、そこがベースになりました。

そして私のクローゼットをスタイリストに公開!

  • 「この中で好きな服はどれ?」
  • 「よく着てるのは?」
  • 「逆に着ない服はある?」
といったことを聞かれます。

  • 「正直ファッションに興味がないので、ワンピースしか着てない」
  • 「2年前に引っ越してきたこともあって、あまり服がない」
  • 「普段はファッションレンタルサービスでごまかしている」
などを伝えました。スタイリストさん相手に「ごめんね…」って感じの内容ですが。その後、彼女から次回の服のセレクトに活かすために、

  • 「嫌いなものは嫌い、好きなものは好きって言ってね」
  • 「Loveなものだけ買ってね」
というようなことを念押しされます。もちろんそうしよう思ってるけど、ちゃんと言ってもらえると言いやすい。いい人だなぁと思いました。


三浦茜 (みうらあかね)

三浦茜 (みうらあかね)

サンフランシスコ在住。アーリーステージの米国スタートアップ企業を支援するベンチャーキャピタル『Scrum Ventures』でマーケティングVPを務める。日経MJ「奔流eビジネス」に寄稿ほか、ライターとしても活動中。米国の新サービスやサンフランシスコ関連情報を「Be Magnetic!」にて発信している。
三浦茜 (みうらあかね)
Previous ArticleNext Article