FEATURE, WORLD WATCH, アメリカ

eBayが米物流スタートアップ「Shyp」と提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米物流スタートアップ「Shyp(シップ)」がオンラインマーケットプレイス「eBay(イーベイ)」と提携したことを12月1日に発表した。
eBayアカウントと連携し、出品者が「Shyp」アプリから簡単にサービスを利用できるようにする。

Shyp_courier

商品を梱包せずに送れる配送サービス

「Shyp」は個人や企業向けに、商品の梱包から配送まで一貫したサービスを展開するサンフランシスコ発の物流スタートアップ。現時点ではサンフランシスコをはじめ、ロサンゼルス、ニューヨーク、マイアミ、シカゴにてサービスを提供している。
配送依頼はスマホアプリから商品の写真を撮影し、集荷先と配送先を指定するだけ。集荷の際に送りたい商品をそのまま渡すだけで、梱包から配送まで一貫して行ってくれる。配送先は世界中どこでも指定できる。

shyp4
価格は基本料として20品ごとに5ドルかかるほか、配送料が別途発生する。FedExやUPSなどの複数の業者と提携しており、商品や配送先に応じて最も安い手段を提案してくれる仕組みだ。配送料は集荷後数時間で知らせる。

元eBay出品者でもあるCEOのケビン・ギボンによって2013年に設立された「Shyp」。配送業務にかかる時間と手間に不満を感じていた同氏は、出品者の悩みを解消するためにサービスを開始しており、今回はそれをもう一歩進める提携となる。


eBay出品者の配送の手間やコストを削減

今回の統合によってeBayユーザーは、より手軽にネット売買を行うことが可能になった。eBay出品者には時期により5ドル以下でサービスを提供することもあるとのことだ。

使用方法はとても簡単。まず「Shyp」アプリに自身のeBayアカウントを連携させ、出品中アイテムリストを開く。次に配送したい商品を選択し配送依頼するのみとなっていて、それ以降の梱包や配送業務は全て「Shyp」が行う。
また商品出荷後は配達状況がアプリに自動的に更新されると同時に、買い手に商品が出荷されたことを知らせてくれる。

shype3
個人間売買でネックになりがちな配送面を支援するサービス。この提携により、出品の敷居の低減につながりそうだ。
なお、eBayユーザー限定で2016年1月31日まで無料でサービスを提供するキャンペーンを実施する。

Shyp(シップ)
https://www.shyp.com/

Previous ArticleNext Article