REPORT

【体験レポ】30日間無料で返品できる「ロコンド」で買って返品してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「買ってから選ぶ。」がコンセプトの靴とファッションの通販サイト「ロコンド」。「買った後に家で試着して、合わなかったら返品してください」というスタイルのECサイトです。
全ての商品が送料無料で、返品も30日間無料で行えるのが特徴です。返品の際の送料もロコンドが負担します。

locond0
ロコンドは2011年2月に靴の通販サイトとしてサービスを開始し、創業3年目にして年商50億円を超え、5月には会員数が50万人を突破するなど、順調に成長を続けています。
現在は毎日1,500点ほどの商品が出荷されているそうです。
7割以上が女性の利用で、30代〜40代が全体の6割を占めており、最も利用者が多い年齢が38歳なんだとか。
女性に人気のサイトですが、男性用の靴も扱っているので、購入レポートをお届けしたいと思います。


早速購入してみます

ロコンドで扱っている商品は主に靴でですが、他にもバッグや財布、服やアクセサリーなど、1,000ブランド以上の20万点を超えるアイテムを扱っています。4月23日には新たにロコンドのアウトレット版となる「LOCOLET(ロコレット)」をオープンしました。
今回は靴を購入します。

locond25
注文は普通の通販サイトと全く同じです。14時までの注文で最短翌日に届くので、配送が早いのも特徴ですね。
30日間は「どうぞ遠慮無くご返品ください」というサービスなので、気になる靴を全部注文して、試着して良かったものだけを残して返品するという新しいスタイルのショッピングが楽しめます。

locond26
返品は可能ですが、一旦は購入して支払を済ませる必要があります。返品後に全額返金をしてくれますが、ある程度は絞りこんで注文した方が良いですね。

良さそうな靴を何種類かピックアップするという選び方もあるのですが、同じ靴の色違いやサイズ違いを注文したりする方も多いようです。家族全員で注文してみんなで試着をするケースもあるんだとか。返品の手間が1回で済むので良さそうですね。

今回は色違いの商品2点と、気になった靴を2点注文してみることにします。


商品の到着

注文後、当日中に出荷され、翌日商品が届きました。
すぐに目に入ったのですが、箱には「配達ドライバーの皆さまへ」と大きく書かれていて、ドライバーに大切に扱ってもらえるようにメッセージが記載されています。

locond1
ロコンドは顧客サービスにも力を入れていて、電話やメールで何でも相談に応じてくれるコンシェルジュが常駐しているのも特徴です。
こういったところからもロコンドの姿勢が伝わってきますね。ドライバーも自然と丁寧な扱いをしてくれそうです。

locond23
箱を開けるとまずはこんな感じ。

locond2
クッション材を取り除くと、「LOCONDO TIMES」と「領収書兼納品書」、そして普通の通販サイトで買った場合には入っていない「返品用の着払い伝票」が同梱されています。返品のしやすさをウリにするだけの姿勢が表れていますね。

locond3
今回は、同じ靴の色違いを2色と・・・

locond4
1度試してみたかった、クロックスの靴を1足。

locond5
室内運動用に、足袋に中敷きを入れるようなタイプの靴を1足の計4足を注文してみました。

locond6
靴が入っている箱を開けると、丁寧に梱包されています。返品する場合は、元に戻す必要があるので、丁寧に取り出します。
複数の靴を同時に出す場合は、梱包材がごちゃまぜにならないように注意する必要がありますね。

locond7
早速試着してみました。試着は室内で行うことが前提で、肌が触れないよう靴下やストッキングを着用して行います。
たまに、試着時に室外に出てしまうお客さんもいるようなんですが、そういった場合は買取する形になるようです。

今回は無難な茶色と攻めの青を選んでみました。

locond8
どうでしょうか。
足元だけ見ると悪くない感じがしますが、思ったより青が強いので、服と合わせるのが難しそうでした。
実際に普段着る服と合わせてみることができるのが良いですね。

locond9
もう1足の茶色。やはりどの服にも合わせやすそうです。

locond24
続いてクロックスの靴。これは履いた瞬間にしっくり来ました。

locond11
続いて足袋のような靴。残念ながら、こちらはサイズが小さくて合わなかったです。
買ったのがロコンドで良かった・・・。

locond10
というわけで、今回はこちらを残して。

locond13
こちらの2足は返品することに。

locond12

返品の手続き

返品する場合は、「LOCOND TIMES」の裏面にある「返品ガイド」の手順を確認しながら行います。

locond14
まずは「納品書」に、返品情報の記入を行います。返品する靴の数量とその理由を記載します。

locond19
返品理由は、下部の「理由区分」を参考に書きます。

locond18
次に返品する靴を、元に戻します。一応裏面もキレイにして・・・。

locond15
梱包材も戻します。

locond16
ダンボールに靴を戻すと、当然のことながらかなりスペースが余ってしまいます。
返品する際のダンボールは他のものでも問題ありませんので、丁度良いダンボールがあれば、そちらを使うといいですね。
今回は、ダンボールがなかったので、そのまま戻すことに。

locond17
あまりよろしくないと思ったのですが、返品しないことにした靴の空箱も入れて、隙間が開かないようにしました。
送料が無駄に高くなってしまうと思うので、出来れば小さい箱で送ったほうが良いですね。

locond20
着払い伝票に、依頼主の情報を記入します。

locond21
ダンボールに伝票を張ったら準備完了です。ヤマト運輸に電話して荷物を引取りにきてもらいます。
ヤマト運輸に直接持ち込んだり、ヤマト運輸に対応するセブン-イレブンやファミリーマートなどのコンビニに持ち込んでも問題ありません。

locond22
ヤマト運輸に引きとってもらったら、手続き完了です。あとはロコンドからの連絡を待ちます。

・・・すると、翌日には返品受付のメールが届きました。早い・・・・。主にヤマトさんが早いというのもありますが、ロコンドも確認が早いですね。

クレジットカードで支払いをした場合は、クレジットカード会社からの返金。代引き、Yahoo!ウォレット、コンビニ、ペイジー支払の場合は、ロコンドから指定した口座への返金になります。
私はクレジットカード支払いで購入したのですが、10日後に返金手続き完了のメールが届きました。クレジットカードの履歴を確認すると、その前日に返金手続きが行われていました。


編集後記

というわけで、「買ってから選ぶ。」がコンセプトのロコンド初体験でした。
お店で、あれも試したい、これも試したいというのは、どうしても遠慮がちになってしまうので、家で自分のペースで試着できるのは、想像以上によかったですね。「どうせ似合わないだろうな・・・」と普段なら思ってしまう青色の靴を試せたのも良かったです。

返品用に着払い伝票が入っていますし、ヤマトも電話一本で来てくれるので、返品の手間はほとんどなかったですね。「お気軽に返品を!」と宣言するだけではなく、返品しやすい仕組みをしっかりと作っている点に好感がもてました。

自分には派手過ぎた靴に、小さすぎた靴。普通のお店の買い物であれば「失敗した・・・」で諦めてしまいそうですが、ロコンドだったので、返品がしやすくてよかったです。皆さんも是非試しに利用してみてはいかがでしょうか。


ロコンド
http://www.locondo.jp/

Previous ArticleNext Article