FEATURE, REPORT

【体験レポ】AIと人によるパーソナルスタイリストサービス「Stitch Fix」を使ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

送られてきた!

送られてきたアイテムはこんな感じ。ワンピースの件を伝えたので、2着入っていました。

stichfix07

中にはスタイリストさんからのお手紙も入っています。なぜこのアイテムをピックアップしたのか?コーディネート例も記載されています。

stichfix08

 

家で試着してみます

stichfix05

家で試着できると既に持っている服と合わせることができます。これは「Stitch Fix」ならではですよね。

あとは買い物の場合、試着室に入るまでアイテムを選ぶのに結構時間がかかるので、既に好みのものが選ばれていて、試着からスタートできるのは確かにありがたい!と思いました。

気に入ったものがあったらそのままキープ、それ以外は返送。5アイテム全て購入する場合は25%OFFになります。

アプリを起動すると以下のようなアイテムごとのフィードバックメニューが。細かくこたえることで、次回以降のスタイリングに役立ちます。

stichfix03

 

2アイテムキープ(購入)しました

トップスとカーディガンをキープ。スタイリングフィーの20ドルは合計から差し引かれています。最後に今回のアイテムに対する総合的なコメントを残すことができます。これも次回以降のスタイリングの参考に。

stichfix02


利用してみた感想

私の好みにマッチしているかというと、ちょっと微妙ではあった
割合的には5分の3でした。1アイテムは予算オーバーなので購入見送り。返却時に感想を送っているので次回はもっと私好みになっていると思われます。

買わないなら20ドル支払い、買うなら20ドル引きの仕組みがうまい
何も買わずに20ドル払うのは損な気持ちになるのですが、何か1アイテム買うとそこに20ドルが充当されると思うと得した気持ちになるんです。これはうまくできた仕組みだと思いました。20ドル引きならもう1アイテム買っちゃおうかな〜という気にもなります。

ネットでのお買い物と違って他の商品に目移りすることがない
当たり前ですがネットで買い物していると、他の類似アイテムのレコメンドがあったり、他にもっと安く売ってるサイトがないか検索したり、「欲しい!」と思っても実際に確定するまで時間がかかることがあります。

「Stitch Fix」の類似アイテムをネット検索することはできるのですが、試着している時には視界に入ってこないですし、かつ実際に手に取っているというアドバンテージがあるので「これにしよう!」という決断がしやすかったです。

何よりお手軽!
洋服選びは楽しいのですが、それなりに時間がかかります。自分好みのアイテムが家に届くとは、なんて楽ちんなサービスなんだろう!と改めて思いました。自分好みのアイテムが入っていると思うと、箱をあける時もワクワクしますし、1アイテムでもドンピシャなアイテムがあったら、よい顧客体験になり継続につながると思いました。


私は毎月は頻度が高いので、シーズンごとに利用してみようと思います。「Stitch Fix」は男性向けのサービスもこの秋リリースに向けてβテスト中のようです。

Stitch Fix(スティッチ フィックス)
https://www.stitchfix.com/
三浦茜 (みうらあかね)

三浦茜 (みうらあかね)

サンフランシスコ在住。アーリーステージの米国スタートアップ企業を支援するベンチャーキャピタル『Scrum Ventures』でマーケティングVPを務める。日経MJ「奔流eビジネス」に寄稿ほか、ライターとしても活動中。米国の新サービスやサンフランシスコ関連情報を「Be Magnetic!」にて発信している。
三浦茜 (みうらあかね)
Previous ArticleNext Article