FEATURE, REPORT

【体験レポ】DeNAが始めた個人間カーシェア「Anyca」で車を貸してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DeNAが2015年9月から開始した、個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」。
みなさんはご存知でしょうか?

anyca1
日本でも一般的になりつつあるカーシェアリングサービスの一つです。これまでカーシェアリングサービスといえば、事業者がカーシェア専用に車を保有し、その車を会員で共同利用するという形態でした。

今回、DeNAが始めた「Anyca」は個人間カーシェアというの名前の通り、個人が持つ車を貸し借りできるようにするサービスです。

サンデードライバーという言葉があるように、車を保有しているものの、使うのは週末の数時間だけというドライバーも数多くいます。

実際に私も週末に数時間しか乗りませんが、駐車場台、保険代などの費用は毎月かかります。
使わない時間がとてももったいないと思っていたので、このサービスの存在を知って面白いと思ってすぐに登録しました。

 

「Anyca」の登録はアプリで簡単に

ログイン画面。Facebookアカウントを利用して簡単にログインできます。

login
 
チュートリアル画面。
シンプルでとても分かりやすいです。

登録

登録は必要なことは3つ。
・車情報の登録
・プロフィール登録
・電話番号認証

平均15分で終わるそうですが、実際には10分程度で終わりました。

車の登録には、まず「車種、年式」や「仕様、設備」を登録していきます。
写真は手元にあるものをとりあえずアップロードして、紹介文は他のオーナーの紹介文も参考に埋めていきました。
その後、車の受け渡し場所を決めます。受け渡し場所に関しては、相手には正確な場所がわからない形でだいたいの目安が表示されます。

次に料金を設定します。料金の設定の際に必要になってくるのが、「購入時金額」と「購入時走行距離」「年間維持費」です。各費用を入力することで、「Anyca」が自動的に使用料の上限を教えてくれます。

共同使用という形態の関係上、上限を超えた使用料を設定、請求してしまうと法令にも違反してしまうそうです。そういった部分はユーザーが計算するのは面倒なのでアプリで教えてくれるのは便利ですね。

price

私の場合、上限が1日あたり8,497円と出てきたので、少し安めの6,000円に設定しました。
また、2日目以降の割引設定もできます。金額で決めることはこれだけです。とても簡単でした。

その後、車検証の写真をアップし、共同使用条件を決定すれば登録の申請は完了です。
この共同使用条件でペット利用や喫煙に関しても可否を選択可能なので、気になる方は予め条件を設定することができます。

申請後、24時間以内に事務局が確認して車の登録は完了になります。
カワクボ

カワクボ

株式会社プレイドにてMarketing&Communicationを担当。
生活を便利にしてくれるものが好き。テクノロジーでもっと人生が豊かになると信じてます。
カワクボ
Previous ArticleNext Article