NEWS

ユーザーの好みを分析してピッタリな銘柄を届けてくれるコーヒーの定期購入サービス「Cupping Table(カッピングテーブル)」提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社カフェイネイトは、ユーザーの好みを分析して、毎月ピッタリな銘柄を厳選して届けてくれるコーヒーの定期購入サービス「Cupping Table(カッピングテーブル」の提供を7月2日から開始した。

cp1
「Cupping Table」は、ユーザーの好みを分析して、毎月ピッタリな銘柄を厳選して届けてくれるコーヒー豆の定期購入サービス。現在定期購入のコースは「Starter Series」のみが用意されており、価格は税込で2,680円。送料は無料。
毎月2銘柄計200gのコーヒー豆が届くほか、抽出器具「コーヒープレス」(通常価格 2,800円)が初回に届く。その他にも「コーヒーのいれ方ガイド」や「銘柄ガイド」も届けられる。

cp2
扱う銘柄は世界中から厳選した最高水準のコーヒー豆。中南米・アフリカ・アジアなど様々な地域で心を込めて丁寧に育てられた一流品の中から、その時々で最高の品質のコーヒーを届ける。豆の挽き方は「コーヒープレス用」「ドリップ用」「豆のまま」から選ぶことが可能だ。

ユーザーのフィードバックを元に翌月のコーヒー豆を厳選

ユーザーは毎月届く2つの銘柄に対して「大好き!」、「すき」、「そこそこ」の3択から好みをフィードバックすることが可能で、そのフィードバックとコーヒー専門家の長年の経験を組み合わせて、最適なコーヒー豆が翌月に届く仕組みになっている。

cp3

サービス名の由来

「Cupping Table」の名前は、専門家たちが日々コーヒーの品質をチェックする作業を「カッピング」、その際に使用するテーブルを「カッピングテーブル」と呼ぶところから来ているそうだ。
このカッピングテーブルを囲み、専門家がユーザーひとりひとりの為にぴったりなコーヒーを厳選して毎月届けるとしている。
自分の好みを知るうえでも面白いサービスかもしれない。コーヒーが好きな人は1度試してみてはいかがだろうか。


Cupping Table
http://cuppingtable.com/

Previous ArticleNext Article