NEWS

ZOZO、完全オーダーメイドのビジネススーツを販売開始 ー シャツとセットで24,800円で提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZOZOTOWN」を展開するスタートトゥデイは、プライベートブランド「ZOZO」において、新たに完全カスタムオーダーのビジネススーツの注文受付を7月3日18時より開始した。通常は1〜2週間での発送となるが、初回注文分は8月上旬から順次届けられる。
同時にカジュアル商品に関しても「VネックTシャツ」 「ストレートデニムパンツ」などをラインナップに加えている。


完全カスタムオーダー方式で提供するビジネススーツ

今年の1月に登場したプライベートブランド「ZOZO」。Tシャツとジーンズというラインナップでサービスを開始したが、7月3日よりさまざまなアイテムを拡充する。
まず、目玉となるのが完全カスタムオーダーの「ビジネススーツ」だ。これまで展開しているTシャツ・ジーンズ・オックスフォードシャツは、パターンオーダー方式を採用しており、数千以上のパターンからその人に最適なサイズを選んで提供する形だったが、ビジネススーツに関しては、その人に合わせてゼロから作り上げるフルオーダー方式となっている。


柄とカラーは、無地×3色(ブラック、ダークネイビー、チャコールグレー)、ヘリンボーン×4色(ネイビー、ダークネイビー、ライトグレー、チャコールグレー)を用意しており、秋にはストライブも用意されるとのことだ。
ポケットのポケットの形状やボタン、袖丈や袖口などの20種類のカスタマイズにも対応する。

続いてスーツと合わせて着ることができるドレスシャツもフルオーダー方式で展開する。14色を展開し、袖やカフスのカスタマイズなどにも対応する。

ビジネススーツとドレスシャツに関しては、まずはセット販売のみとなっており、通常価格44,800円のところ、お試し価格として24,800円で提供する。

このほかにも、メンズの「VネックTシャツ」、「クルーネックポケットTシャツ」、「ストレートデニムパンツ」、ウィメンズの「VネックTシャツ」、「オックスフォードシャツ」、「ストレートデニムパンツ」、「スキニーデニムパンツ」もラインナップに拡充した。


今後の予定として、島精機製作所のホールガーメント機を採用し、無縫製のニットの販売計画もあることを明らかにした。

プライベートブランド「ZOZO」は、7月3日の13時からは72の国と地域でグローバルローンチを果たし、10万名にZOZOSUITとTシャツ、デニムのセットを無償で提供するキャンペーンも開始した。(日本を除く)
国内でこれまでに55万3,179枚が配布されたZOZOSUIT。世界を舞台にどこまで広がりを見せるのか注目だ。

Previous Article