NEWS, SHOPPING, ハンドメイド

GMOペパボ、ハンドメイドマーケット「minne」と「tetote」統合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GMOペパボは、同社が運営するハンドメイドマーケット「minne」と「tetote」を統合することを発表した。「minne」が存続サービスとなり「tetote」は6月25日にサービスを終了する。

GMOペパボが2015年に買収

「tetote」は、OCアイランド社が2011年6月にサービスを開始したハンドメイドマーケットプレイス。GMOペパボが2015年5月にOCアイランドを買収し、業界1番手と3番手による連合が生まれた。
その後同社を吸収合併しており、現在はGMOペパボが運営するサービスとなっていた。

「tetote」は3月30日に決済機能が停止され購入ができなくなり、6月25日にサービスが停止される予定。「tetote」に出品中の作家に対しては、出品中の作品データを「minne」に簡単に移行できるツールを2月28日から提供する。

GMOペパボは、サービスの開発・運営のリソースを「minne」に集中することで、ハンドメイド事業の拡大を加速させるために統合するとしている。

Previous ArticleNext Article