NEWS, SHOPPING, 決済

レーンを通るだけで清算できるレジなし店舗が登場 ー トライアルとパナソニックが実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパーマーケットなどを運営するトライアルカンパニーとパナソニック スマートファクトリーソリューションズは、レーンを通るだけで精算が可能なウォークスルー型決済の実証実験を2月19日より開始した。
実証実験が行われるのは、トライアル本社構内にある実験店舗「トライアル ラボ店(福岡市東区)」で、パナソニック スマートファクトリーソリューションズが開発したウォークスルー型RFID会計ソリューションを導入することで実現している。


商品を通すだけで全ての会計処理が完了

ウォークスルー型決済は、RFIDが貼付された商品をレーンに通すだけで、自動的に精算できるシステム。
利用客は購入したい商品をマイバッグに詰め、自身でレーンに通すだけで瞬時に精算することが可能なため、待ち時間が発生することなく、会計時間を大幅に短縮することができる。
決済に関しては、トライアルが発行しているプリペイドカードを利用して行う。レーンに通す前にプリペイドカードをスキャンすることで、そのまま決済することができる。店舗にはプリペイドカードにチャージできる端末も用意されている。


「トライアル ラボ店」では、すベての商品にRFIDが貼付されているが、トライアルが展開するプライベートブランドに関しては、製造工程にRFIDタギングが組み込まれており、製造からウォークスルー型決済までを一気通貫で検証する試みも今回の実験に含まれている。

トライカンパニーは、IT活用による流通小売業務の改革改善に積極的に取り組んでおり、買い物をしながら商品をスキャンして、装着されたタブレットで決済できる「スマートレジカート」も2月14日から福岡市の「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」に導入している。
今後は、2018年度の上半期に1号店を出店し2021年までに100店舗展開する計画の小型店舗「トライアル クイック」において、ウォークスルー型決済を全面的に採用していく計画があるほか、将来的には無人店舗の形態に適用できる新たな決済方式も追求していくとのことだ。

Previous ArticleNext Article