NEWS, SHOPPING

楽天とビックカメラが新会社設立 ー 「楽天ビック」を共同運営

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天とビックカメラは、両社が連携して新サービスを提供するべく新会社を設立することを発表した。楽天市場に両社協業による「楽天ビック」を新たにオープンするほか、実店舗も含めた様々なサービスを連携して提供していく。
新サービスは2018年4月より開始する予定だ。


ビックカメラ店舗と連携したサービスも提供

ビックカメラは2011年より楽天市場に出店しており、楽天が毎年実施している「ショップ・オブ・ザ・イヤー」でも常にトップ5に入る人気ショップとなっている。

新会社では、「ビックカメラ楽天市場店」の基盤を引き継ぐ形で、新たに「楽天ビック」を楽天市場に出店し、これまで販売してきた商品に加え、両社連携による独自商品の開発にも着手する。開発した商品は、「楽天ビック」やビックカメラグループで販売する予定だ。
付加サービスとして、設置工事を依頼できるサービスを提供するほか、物流面による協業深化も視野に入れる。

オフラインとオンラインの連動もはかり、「楽天ビック」のサイト上でビックカメラの実店舗の在庫も確認できるようになるほか、「楽天ビック」で注文してビックカメラ店舗で受け取れるサービスの提供も目指す。

この他にも、ビックカメラの実店舗で楽天スーパーポイントを使えるようにすることも予定しており、幅広い協業を見据えて引き続き協議していくとのことだ。

Previous ArticleNext Article