NEWS, SHOPPING

大塚家具、新宿ショールームを疑似体験できる「バーチャルショールーム」を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大塚家具は、スマートフォンやパソコンなどで店内を疑似体験できる「バーチャルショールーム」を8月10日にリニューアルし、本格稼働を開始した。約1年間のトライアル公開期間を経ての本格稼働となる。


店内を疑似体験、オンラインストアにも誘導

「バーチャルショールーム」は、スマートフォンやタブレット、パソコンのウェブブラウザで閲覧することができる店内疑似体験コンテンツ。店舗は新宿ショールームで、1階〜7階の各フロアを自由に移動しながら店内や商品の様子を見ることができる。
今回のリニューアルにより、一部商品はオンラインストア「IDC OTSUKA オンライン」と連動しており、そのまま購入することも可能になった。


今回の「バーチャルショールーム」の実現にあたり、ドイツのNavVis社が提供するインドアマッピングプラットフォームを採用。国内の商用サイトでは初めての事例になるという。撮影には、NavVis社の「M3 Mapping Trolley」が用いられており、広範囲を短時間で撮影・計測することができるとのこと。

Previous ArticleNext Article