NEWS, SHOPPING, 決済

スマホ決済のコイニーが3億円を追加調達

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォン決済サービスを提供するコイニーは、三井住友海上キャピタルの投資事業組合、三菱UFJキャピタルの投資事業組合を引受先とする第三者割当増資および日本政策金融公庫からの融資により、総額約3億円の資金調達を実施した。
コイニーは2017年2月にも約8億円を調達しており、今回の追加調達により総額約11億円の調達となった。


スマートフォン決済サービス「Coiney」を提供

コイニーは、2013年4月に提供開始したスマートフォン決済サービス「Coiney」を主力事業としており、サービス開始から4年を迎えている。
2016年8月には決済用ウェブページを簡単に作成できる「Coineyペイジ」の提供を開始したほか、2016年9月には、人工知能トランザクションデータを活用した企業評価・融資審査エンジン「Coineyエンジン」のプロトタイプを発表。今後は融資の新しい形を構築するべく各金融機関との提携を目指すとしている。

調達した資金は事業拡大や新サービス提供のために開発およびセールス・マーケティング人員の強化に充てる。

Previous ArticleNext Article