NEWS

凸版印刷とマピオン、新たなO2O促進プロジェクトを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

toppannmapion
凸版印刷株式会社と、凸版印刷のグループ企業である株式会社マピオンは、2014年3月4日より、次世代型ロケーションベースソリューションを開発する共同プロジェクトを開始した。
凸版印刷が提供する国内最大級の電子チラシポータルサイト「Shufoo!(シュフー)」と、マピオンが提供するモバイル位置情報ゲーム「ケータイ国盗り合戦」を利用した実証実験を2014年春から夏頃に実施する予定だ。

このプロジェクトでは、来店誘導に加え、「来店者に店内を回遊して欲しい」、「次もまた来てもらいたい」という店舗側のニーズを満たすことのできる店舗体験を通したコミュニケーションの創造を目指す。
590万人以上のエリアセグメントされたユーザーにコンテンツをPUSH配信できる「Shufoo!」と、位置情報技術を用いた多数のO2Oキャンペーンの実施ノウハウを持つ「ケータイ国盗り合戦」。両社の強みを活かし、オムニチャネル時代におけるネットとリアルを結ぶシームレスな販促活動を支援する新たなロケーションベースソリューションを開発する。

201433175320
凸版印刷では、2013年3月より街中や店内などの利用者の位置情報にあわせクーポンや広告などの位置連動型コンテンツを配信するO2Oソリューション「Cylseeジオ」を提供しており、Beaconを用いた新たな近距離無線通信を活用したビジネスを推進している。一方、マピオンではゲーミフィケーションを用いた位置情報技術支援に加え、多数のO2Oキャンペーン実施ノウハウを活用した新たな店舗体験を提供する商品企画を推進している。

今回のプロジェクトではジオフェンス技術を活用することで、屋外におけるナビゲーションから、店舗内でのプッシュ通知機能、ビックデータ分析に基づくCRMなどの機能を連携させつつ一元管理することで、割引クーポンだけに頼らない、ネットからリアルへの誘導を促進するワンストップ型のソリューションの開発を目指す。

Previous ArticleNext Article