NEWS, SHOPPING, 物流

戸建住宅用「宅配ボックス」で再配達率が49%から8%まで削減 ー パナソニックの実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パナソニックは、戸建住宅用宅配ボックスの実証実験を約100世帯を対象として実施し、その中間結果を発表した。実験では、再配達率を49%から8%まで削減できたという。

戸建住宅用宅配ボックス「COMBO」(ミドルタイプ)

約100世帯を対象に実証実験を実施

パナソニックは2016年11月より、福井県あわら市在住で共働きの103世帯を対象とした「宅配ボックス実証実験」を開始し、2016年12月の結果をまとめた中間報告を発表した。(宅配ボックスは11月から順次設置)
再配達率は実証実験を開始する前月である10月に49%だったのが、12月には8%となっており、回数にして299回分、労働時間にして約65.8時間分の再配達を削減することができたという。

 10月(開始前)12月(モニター103世帯)
再配達率
(受取り荷物総数に占める再配達の件数の割合)
49%8%
再配達削減回数/総配達数0回/583回299回/761回
再配達削減による宅配業者の
労働削減時間想定値※1
0時間約65.8時間
(1回あたり約13分に相当)
再配達削減によるCO2削減量想定値※20kg約137.5kg
(1回あたり約0.46kgのCO2削減に相当)

宅配ボックスが稼働しなかった理由も合わせて発表している。まずあがったのが「宅配業者がボックスに入れてくれなかった」というものだった。今回の実証実験は日本郵便とヤマト運輸の協力のもと行われ、事前に現地スタッフに宅配ボックス設置の通達がされていたが、それでも原因の3割近くにのぼった。周知していない事業者でのケースが大半と思われるが、パナソニックも「宅配業者へ宅配ボックス使用方法の周知徹底」を課題としてあげる。個人宅の宅配ボックスを普及させるためのまず乗り越えなくてはならない壁となっているようだ。
その他にも、対応していない冷蔵・冷凍の荷物や大きな郵便物などが宅配ボックスを使用できなかった理由としてあがっている。

原因項目回数
宅配業者がボックスに入れてくれなかった16回(28%)
ボックスがいっぱいだった14回(24%)
冷蔵・冷凍14回(24%)
大きすぎて入らなかった6回(10%)

設置されたのはパナソニックが提供する戸建住宅用宅配ボックス「COMBO(コンボ)」。電気工事不要で後付けができる宅配ボックスで、施錠だけでなく押印もできるのが特徴。特殊キーを使用しているため、ピッキングも困難だと言う。


「COMBO」は4タイプのサイズが展開されているが、今回設置されたのは大きめのサイズとなるハーフタイプとミドルタイプが利用された。実証実験は3月31日まで実施される。

Previous ArticleNext Article