FEATURE, NEWS, SHOPPING

目の前にある服を撮影して検索できるショッピングアプリ「PASHALY」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レコメンデーションエンジン「デクワス」などを展開するサイジニアは、欲しいと思った服を撮影してアップロードするだけで似た商品を検索してくれるショッピングアプリ「PASHALY(パシャリィ)」の提供を開始した。
まずはiPhoneアプリの提供を開始しており、Android版に関しては春以降を予定している。



目に映るものすべてを買えるようにする

「PASHALY」は、目の前にある欲しい服を撮影するだけで類似する写真を検索できるショッピングアプリ。写真の中にあるファッションアイテムを抽出し、登録されている約60万点のアイテムからマッチした商品を表示してくれるサービスだ。欲しい商品が見つかったらそのままショッピングサイトで購入することができる。
街中や雑誌などで「欲しい!」と思った服を見つけた時に「ブランドがわからない」「検索するためのキーワードがわからない」といった時の問題を解消し、目に映るものすべてを買えるようにすることを目指すアプリだ。


現在登録されているファッションアイテムは「ZOZOTOWN」や「MAGASEEK」「SHOPLIST」などの大手モールで販売されているファッションアイテム。メンズとレディースの両方のアイテムが登録されているが、当初想定しているターゲットとしては10代から20代の女性だ。Instagramを検索ツールとして自然に活用する世代の利用を見込む。


ディープラーニング技術を活用し、服を抽出

写真の解析にはディープラーニング技術などが活用されている。写真の中に写っている背景から人物を切り出し、関節の位置を把握して姿勢やポーズを理解したうえで、写真に写っている複数の各アイテムを個別に認識、それぞれに類似する商品を表示するという流れだ。
アイテムは、アウター、トップス、パンツ、スカート、シューズ、ブーツ、マフラー、バッグなどを認識し、それぞれのカテゴリで類似する商品を表示してくれる。現在は、シンプルさを追求するために、ユーザーに情報を入力してもらうことなく写真をアップロードするだけで利用できるアプリとなっている。


ここで注目したいのは、人物が写り込んでいる写真を前提にしている点だ。単品で撮影された写真を解析する方がより容易になるが、目の前の欲しい服を単品で撮影できるシチュエーションはなかなかないため、着用した状態の服を撮影して解析できるようにしている。

実際に試してみたところ、メンズのデニムジャケットを撮影してアップロードした際に、レディーズのアイテムが多く表示されることがあった。この辺りは、あくまでアイテムの類似性だけで判別しているために、このような結果になるようで、今後は性別や価格帯などでフィルタリングできる機能も検討するとのことだ。
ただ、現在はまだ実装されていないとのことだが、顔が写っていれば男性か女性かの区別を9割程度の精度でできるそうで、この辺りも自動で判別するような形となるかもしれない。


マッチしやすい撮り方のコツ

どのような写真がマッチしやすいかという点に関しては、「商品ページに掲載されている写真に近いほどマッチしやすい」とのことだ。これは登録されているファッションアイテムの情報が、参照されているショッピングモールの画像を元に解析されているからだ。なので、よくショッピングサイトで見かけるような写真の撮り方をするほど、マッチしやすいということだ。

ZOZOTOWNの例、参照元の画像パターンが多いほど精度が上がる

現状の課題としては、解析の精度というよりは「商品数をどれだけ増やせるか」という点になるという。というのも、どんなに写真を正しく解析できたとしても、類似した商品が登録されていなければ、類似性が低い商品しか表示できないからだ。そのため、利用者にとっては、登録アイテムが増えれば増えるほど、解析制度が上がっているように感じるという。

わかりやすいところで説明すると、実際に登録されていないハイブランドの商品、例えばプラダのバッグなどを撮影しても、その商品は現在登録されていないため、マッチさせようがないという訳だ。
ただ、全く同じものが欲しいというわけではなく、似たような商品が欲しいという時であればハイブランドの商品を撮影した際にも良い結果を得られるかもしれない。例えば、すごく好みのジャケットを見つけた時に、値段を確認したら大幅に予算を超過していたといったときに、似た商品を「PASHALY」で探してみるといった使い方が考えられる。


今後はアパレル以外にも進出する計画も

今後は、ソーシャルメディアにシェアする機能や、欲しい商品を見つけた時だけでなく、繰り返し使ってもらうための機能などを検討しているとのことだ。
「将来的にはファッションじゃない分野として、不動産・旅行・グルメなどの領域も検討していきたい(吉井氏)」としており、キーワードではなくビジュアルだけで欲しいものにたどり着ける世界にどれだけ近づけるか今後に注目だ。

サイジニア代表の吉井伸一郎氏

PASHALY(パシャリィ)
iPhone
価格: 無料


Previous ArticleNext Article