FEATURE, NEWS, SHOPPING, 物流

ファストファッションブランド「MANGO」が国内ECでメンズの取扱を開始 ー ロコンド運営により配送スピードも向上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペイン発のファストファッションブランド「MANGO(マンゴ)」は、ECサイトを刷新し、新たにメンズ・キッズアイテムの取り扱いを開始した。
同社は昨年ロコンドと日本国内における独占契約を結んでおり、ECサイトの開発・運営のほか倉庫事業をロコンドに委託し、配送スピードも向上させている。

mango1

配送も海外から国内に切り替え ー 最短翌日午前配送に

「MANGO」は、これまで店舗・EC共にレディーズのみの取扱いだったが、今回のリニューアルに合わせて、メンズとキッズアイテムの販売を新たに開始。これに先立ち「LOCONDO」でも販売を開始している。

配送に関しても、これまで海外から発送していたが、ロコンドに倉庫事業を委託することにより、日本国内からの発送に切り替わった。
これにより14時までの注文は即日出荷し、最短で翌日午前中に届けるスピードを実現している。5,000円以上の注文は送料無料で届ける。
出荷日から2週間は、サイズ交換無料、返品送料無料(セール品は一律500円)で対応する。

今後は、4月以降に店舗配送を含む倉庫事業全体をロコンドが運営する予定のほか、売上・会員データの統合管理を可能にする店舗簡易POS「LOCOSTO(仮称)」の店舗導入も予定している。

mango2
左からMANGO創業者のイサック・アンディック氏とロコンド代表の田中裕輔氏
Previous ArticleNext Article