FEATURE, NEWS, SHOPPING

ロコンド、2017年に上場を計画か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

靴とファッションの通販サイト「ロコンド」を展開するロコンドが、2017年3月にも東京証券取引所に上場する見通しとなったと日本経済新聞が報じた。

locond2

創業後初の黒字化により成長フェーズへ突入したロコンド

ロコンドは、「買ってから選ぶ。」をコンセプトに「買った後に家で試着して、合わなかったら返品」という、返品歓迎の新たなスタイルで2010年12月に通販サイトを開始した企業。
創業から5年間赤字続きの経営だったが、2015年10月度に月商9億円を達成し、初の黒字化を実現。来季は年商100億円が見えており、通期での黒字化を実現する見込み。下期からは投資を増やし成長フェーズへと移行する考えだ。
2020年には売上1,000億円を目標に掲げており、そのためにも早いタイミングでの上場がマイルストーンとなっていることが考えられる。

現在はリニューアルしたばかりの通販サイト「ロコンド」のほか、物流システムを中心とした同社の強みを活かした事業も展開している。店舗での欠品や取り扱いのない商品を代わりに発送する「LOCOCHOC」や、ブランドのECサイトの開発・運営などだ。
2017年には1万坪の物流新拠点「LOCOPORT」を開設する計画もあり、さらなる規模の拡大を図る。

ロコンドに今回の報道に関して確認したところ、「こちらは弊社が公式に発表したものではございません。今後の事業拡大のため、様々な可能性を検討はしておりますが現段階におきまして正式に決定している事実はございません。」との回答だった。

2017年3月というタイミングであれば近いうちに正式な発表があるものと思われるが、黒字後即上場という形となるのか。今後の動向に注目である。

イイヅカ アキラ

イイヅカ アキラ

Shopping Tribe編集長。Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。
【メディア出演歴】
日本テレビ「ZIP!」 / TOKYOFM「中西哲生のクロノス」 / 週刊SPA!
イイヅカ アキラ
Previous ArticleNext Article