FEATURE, NEWS, SHOPPING, フリマアプリ

フリマアプリ「フリル」が山田孝之を起用したテレビCMを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Fablicが運営するフリマアプリ「Fril(フリル)」は、山田孝之を起用したテレビCMを10月22日から全国で開始することを発表した。

fril1

10月1日から販売手数料を無料に

「フリル」は、2012年7月27日に日本で初めてサービスを開始したフリマアプリ。ファッション特化型で女性ユーザーが多く、アプリのダウンロード数は550万件を超えている。

サービスから一貫して販売価格の10%を手数料として設定していた同社だが、2016年9月に楽天の子会社となり、10月1日からは販売手数料の無料化を実施している。
無料期間は12月末までと設定しているが、CMでは「手数料ってばかばかしい」と全否定する内容となっている。


「フリル」が運営するメディアで山田孝之へのインタビュー記事も公開されている。

CMを見る限り「ずっと手数料を無料にするのでは?」という風にも受け取れるが、果たして。

Previous ArticleNext Article