NEWS, SHOPPING

Uber、フードデリバリーサービス「UberEATS」を東京で開始 ー 最短10分ほどで配達

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンを活用した配車サービスを展開するUberは、フードデリバリーサービス「UberEATS(ウーバーイーツ)」の提供を東京の一部地域で9月29日から開始した。

uber1

最短10分程度で届けるフードデリバリーサービス

「UberEATS」は、地元のレストランのランチやディナーを注文から最短10分ほどで届けてくれるフードデリバリーサービス。注文はスマホアプリやウェブサイトから可能で、注文から到着までの所用時間は平均して35分程度だという。
まずは渋谷・恵比寿、青山・赤坂、六本木・麻布エリアを対象とし、午前11時から午後11時まで注文を受け付ける。(店舗により注文受付時間は異なる)

tokyoappscreens_blog-1
サービス開始時には150店舗以上がパートナーとなっており、数百種類のメニューから選べるという。代表的な店舗としては、宗胡やトラジ、楽観、イワカムツカリ、バーガーマニア、大戸屋などが並んでいる。
サービス開始から1ヶ月間通常よりも手頃なワンコイン(500円)メニューを用意している。実際注文可能なメニューを確認してみると、500円〜2000円程度の価格帯の商品が並んでいた。


フードデリバリーサービスでは、LINEが「LINE WOW」を2015年に展開していたが、1年足らずに撤退している。なかなか台頭するサービスが現れない中、親和性の高い配車サービスを展開するUberがサービスを軌道に乗せることができるのか注目である。

サービス開始当初は配達料を取らず、商品の価格のみで提供するとのこと。対象エリアとなった人はいまのうちに試しておくと良さそうだ。

UberEATS(ウーバーイーツ)
https://ubereats.com/tokyo/

イイヅカ アキラ

イイヅカ アキラ

Shopping Tribe編集長。Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。
【メディア出演歴】
日本テレビ「ZIP!」 / TOKYOFM「中西哲生のクロノス」 / 週刊SPA!
イイヅカ アキラ
Previous ArticleNext Article