NEWS, オークション

楽天オークションが10月末にサービスを終了 ー すでにラクマが流通総額で上回る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天は、子会社の楽天オークションが運営するインターネットオークションサービス「楽天オークション」を2016年10月31日に終了することを発表した。出品に関しては8月末で受付を終了する。

rakuma1

サービス開始から10年という節目でサービスを終了

楽天オークションは、楽天とNTTドコモが2015年12月に共同出資する形で設立された新会社楽天オークションのもと、2006年11月に開始したサービス。
ネットオークションでは1999年にサービスを開始した「ヤフオク!」が圧倒的なシェアを持っており、「楽天オークション」は業界2番手というポジションながら、シェアでは大きく離された状況が続いていた。

その一方で好調とされる「ラクマ」は2014年11月にサービスを開始したフリマアプリ。これまで流通総額は明かされてこなかったが、2016年度第2四半期の決済説明会では2つのサービスの流通総額の推移が公開された。
これによると、2016年3月に「ラクマ」が流通総額で逆転し、それ以降は大きく上回る状況が続いているようだ。

rakuma2
「ラクマ」に関しては、2016年3月に台湾でサービスを開始したほか、東南アジアで展開していくことも明言されている。

業界首位の「ヤフオク!」もフリマアプリの仕組みに似た新サービス「ワンプライス出品」を開始しており、こちらも好評だと聞く。フリマアプリが台頭する中で、オークションの立ち位置の調整が今後も続きそうだ。

楽天オークション
http://auction.rakuten.co.jp/

イイヅカ アキラ

イイヅカ アキラ

Shopping Tribe編集長。Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。
【メディア出演歴】
日本テレビ「ZIP!」 / TOKYOFM「中西哲生のクロノス」 / 週刊SPA!
イイヅカ アキラ
Previous ArticleNext Article