FEATURE, NEWS

ファッションメディアアプリ「TOPLOG」が2億円を調達 ー メディアの新たな価値観の構築へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファッションメディアアプリ「TOPLOG(トップログ)」を展開するTOPLOGは、既存株主であるジャフコが運営する投資事業組合を引受先とする第三者割当増資を実施し、2億円を調達したことを発表した。
TOPLOGは、2016年2月にも2億円を調達したことを発表しており、累計調達額は4億円となった。

toplog4

リリース直後にテレビCMも展開したファッションメディアアプリ

「TOPLOG」は、最新のファッション情報を発信する女性向けのファッションメディアアプリ。2016年3月に提供を開始し、公開から4ヶ月ほどで30万ダウンロードを突破したことを先日発表している。

toplog1
前回調達した資金は、梨花を起用して5月に展開したテレビCMを中心としたプロモーションに投じているが、今回調達した資金ではアクティブユーザーを高く保つためのコンテンツの充実に充てる予定だ。100万ダウンロード、MAU(月間アクティブユーザー)20%の水準を目指してコンテンツを展開する。
エンジニアやマーケティング担当者の採用も進め、ユーザー分析に基づいたコンテンツ最適化を可能とするシステム開発も予定している。


質にこだわったコンテンツを展開

「TOPLOG」は、ファッションに関する話題を中心としたメディアで、ビューティー・ラブ・ライフスタイル・カルチャー・ウェルネス・グルメなど、様々なカテゴリのコンテンツを展開しており、ファッション好きなF1層(20歳〜34歳までの女性)をメインターゲットとしてアプリ限定のコンテンツを配信している。
トップモデル、トップスタイリストを起用したオリジナルコンテンツを月間30〜50記事ほど提供しており、ここが「TOPLOG」の核となる。このほかに、他社提携記事の配信も月間720記事ほど行っている。

toplog1

ブランドイメージを訴求できるメディアを創る

TOPLOG代表の亀山氏は、大手アパレル企業などで12年間取締役を歴任した人物。ウェブでは、ブランドイメージを損なうことなく訴求できる場所がないことに課題感を感じていたことが「TOPLOG」立ち上げの原動力となっている。

toplog11
TOPLOG代表の亀山隆広氏

ファッション誌では、ブランドの世界観を説明して、絵コンテ作って、スタッフ作って・・・という形で丁寧にコンテンツが作られていくが、ウェブではどうしてもインプレッション(閲覧数)重視でお得な情報やキャンペーン訴求の発信になってしまう面があったという。
しかし、亀山氏はブランドイメージの構築が必要不可欠なことだと考えていた。

「例えばハイブランドなどは、高価でもその値段に同等の価値を感じ取ることができる。ファッションはそういうブランディングで価値を生み出すことが重要だと思っているので、その価値付けができるようなメディアが欲しかった、探してもなかなか見つからなかったので、自分で作ることにした。」(亀山氏)

確かに、ウェブ上で「自分たちのブランドイメージを訴求したい」と考えた時に、なかなかそれに合致するようなメディアは見当たらない。
広告の仕組みも、キャッチーにしてクリックされた方がより低コストで露出が増えるという側面があるので、競争もどうしてもそちらに目がいってしまう。
「ブランディングは自社サイトで」といった発想は当然のこととして語られることも多い。

「我々は素材にこだわって一つ一つのコンテンツに価値を生み出していきたい。しかし、そこにコストをかけることを疑問に思う方も、もしかしたら中にはいるかもしれません。」(亀山氏)


ブランディングの観点で露出に価値があるメディアに

しかし、4ヶ月ほど運用してきて、モデル事務所からキャスティングの要望をもらったり、ブランドから露出したいという話をもらったりするようになってきており、「自分たちのイメージを高めるための場所」として「TOPLOG」が少しずつ認知されるようになってきているようだ。

映画・ドラマと連動したオリジナル記事も展開しており、そのコンテンツを見て新たな企業が声をかけてくれるなど、好循環も生まれつつある。

toplog3
フジテレビ月9ドラマ「好きな人がいること」のオリジナル記事を配信

「1つ1つのコンテンツにコストをかけているので、いわゆるCPI(Cost per impression)などで考えると割が高いアプリだが、それに対して高いのではなく、ブランディングの観点で価値があると感じてもらえるようにしていきたい。」(亀山氏)


「TOPLOG」が担うのは、ブランドにとってしっかりとイメージを訴求できる場所を創るという役割だけではないのかもしれない。ファッション業界に関わるスタイリスト・カメラマン・ライターなどのクリエイターにとっても、自分たちがしっかりと表現するための新たな場所として期待される面がある。
雑誌での仕事が減少していく中で、そういった場所をウェブ上で作っていくことは、「TOPLOG」が担う役割として大いに期待したいところだ。

今後は、さらにファッションの情報を広く展開していく予定で、モデルやブランドの数も増やしていく。これまでに蓄積してきたデータをもとに、近日アプリの大きなリニューアルを実施する予定とのことなので、そちらも楽しみに待ちたい。

TOPLOG(トップログ)
https://toplog.co.jp/

TOPLOG
iPhone / Android
価格: 無料

イイヅカ アキラ

イイヅカ アキラ

Shopping Tribe編集長。Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。
【メディア出演歴】
日本テレビ「ZIP!」 / TOKYOFM「中西哲生のクロノス」 / 週刊SPA!
イイヅカ アキラ
Previous ArticleNext Article