FEATURE, NEWS

ハンドメイドマーケット「Creema」が総額11億円を資金調達 ー 2016年度の流通総額は100億円を見込む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンドメイドマーケット「Creema(クリーマ)」を運営するクリーマは、グロービス・キャピタル・パートナーズと既存株主から総額11億円を調達したことを発表した。
既存株主からはKDDIのコーポレートベンチャーファンド、SMBCベンチャーキャピタルのほか、クリーマ創業者の丸林耕太郎氏も参加している。

creema1

国内のハンドメイドマーケットを牽引してきた「Creema」

「Creema」は、2010年6月にサービスを開始した、個人間でハンドメイド作品を売買できるハンドメイドマーケットプレイス。国内で最も早いタイミングでハンドメイドマーケットを構築し、市場を牽引してきた存在だ。現在販売・展示されている作品は240万点を超える。

現在は6万人を超える作家が参加しており、プロおよびプロを目指すクリエイターを中心とした高い品質の作品が多く出品されているのが特徴。クリーマによると1人あたりの売上規模は国内でナンバーワンとのこと。
流通総額は昨年比で約450%と急成長を続けており、2016年度の流通総額は100億円を見込む。

調達した資金は、プロダクト品質改善・マーケティング・経営基盤の強化などに充てるほか、グローバル展開や、クリエイターが活躍する場を構築するための新規事業展開なども視野に入れる。

「これまでは感覚的にステルスに近いイメージで展開してきたが、規模も増えてきて、いろいろと状況が整ってきたので、本格的に拡大しても良いタイミングだと考えている。今回は掲げるビジョンを実現するための資金を調達した。」(クリーマ代表の丸林氏)

creema5
クリーマ代表の丸林耕太郎氏


大事にマーケットを育てた6年

クリーマはサービスを開始してから6年を迎える。これまで培ってきたものはクリエイターが自分の作品を自由に売ることができ、クリエイターが活躍できる場を構築すること。

創業者である丸林氏はもともとプロとして音楽活動をしていた人物。かねてから「アーティストの能力と評価の間にあるギャップ」に疑問を感じており、どうすればそれを解消できるのかを考える中で、クリエイターと生活者で直接売買できるサービスのアイデアに至った。

そういった想いもあり、クリーマはプロもしくはプロを目指したい人と共に歩むマーケットにしていくことを信念にこれまで大事にマーケットを育て、本気で作品を作りたいクリエイターが集まる場を構築している。「モノづくりに対して情熱を持ってやっている人を応援したい」と丸林氏はいう。

2013年から「ハンドメイドインジャパンフェス」というリアルイベントを毎年開催しており、2015年には5万3,000名以上の来場者を動員。作家も5,000名以上がブースを出展した。2014年3月にはルミネ新宿店に初のリアル店舗を開設し、作家がリアルの場で売れる環境も提供している。そう言った地道な活動を続けてきて、マーケットは順調に成長している。

「まだまだ道半ばだと思っている。ただ、広告を使わなくても口コミだけで加速度的に広がっており、作家さんも月間で4,000人ぐらい増えている。そんな状況を見るとようやく基盤ができてきた感触がある。今後もきちんとサービスのクオリティを担保しながらこれまで以上に活発にやっていき、一つの経済圏と言い切れるレベルにまで押し上げていきたい。」(丸林氏)


イイヅカ アキラ

イイヅカ アキラ

Shopping Tribe編集長。Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。
【メディア出演歴】
日本テレビ「ZIP!」 / TOKYOFM「中西哲生のクロノス」 / 週刊SPA!
イイヅカ アキラ
Previous ArticleNext Article