FEATURE, NEWS

楽天、電子コミックに特化した「楽天マンガ」をオープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天は、スマートフォン向けの電子コミックに特化した電子書籍ストア「楽天マンガ」をオープンした。
電子書籍取次であるメディアドゥとの共同事業として展開する。

rakuten1

9万冊のコミックをラインナップ

「楽天マンガ」は、コミックに特化した電子書籍ストアで、スマートフォンやタブレットで利用できるサービスだ。1巻単位で数えて約9万冊を揃え、1話単位で購入出来る作品も用意した。
作品を購入するには専用仮想通貨である「メダル」が必要となるが、「メダル」は月額300円からのコースを契約することで入手できるものとなっている。
月額300円のコースは330円分のメダルを毎月1日に付与、月額1,000円のコースは1,200円分のメダルを付与といった形で、月額料金が高いコースであるほど、最大25%分の上乗せされたメダルが付与される形だ。一番高いコースは月額3万円となる。
支払いは、楽天ID決済のほか、ドコモとauのキャリア決済も利用できる。

rakuten2
コミックは1巻あたり400メダル前後で販売されており、1巻のみ無料で読める作品も用意されている。購入したコミックはウェブで読めるほか、専用アプリ「楽天マンガビューア」で読むこともできる。
アプリでのページめくりは、横だけでなく縦にフリックする形で行うこともできるようになっている。

共同で事業を展開するメディアドゥは、500社以上の出版社の取次を行っており、「LINEマンガ」や「ポンパレeブックストア」など、100以上のストアをプロデュースした実績がある企業。
「楽天マンガ」では、コンテンツの取次のほか、コンテンツ配信システム、ストアシステム、電子書籍ビューアなど、同社が提供する電子書籍配信プラットフォーム機能のすべてを提供しているとのことだ。

インプレスが発行する「電子書籍ビジネス調査報告書2015」によると、2014年度の電子書籍市場は推計1,266億円で前年比35.3%増と拡大している。ジャンル別の内訳では「電子コミック」が8割以上となっており、市場を牽引している状況だ。
コミック特化では「ebookjapan」が圧倒的な存在となっているが、楽天がオリジナルコンテンツの配信に踏み出せば面白いことになるかもしれない。

楽天マンガ
http://manga.rakuten.net/files/pc/

楽天マンガビューア
iPhone / Android
価格: 無料

Previous ArticleNext Article