NEWS, 物流

アスクル、福岡に新物流施設「ASKUL Logi PARK 福岡」を開設 ー 100億円を投資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスクル株式会社は、新たな物流施設「ASKUL Logi PARK 福岡」を12月30日より本格的に稼動することを発表した。九州・沖縄エリアの基幹物流拠として機能させる。

askul1

在庫補完能力と出荷能力を2倍に増強

「ASKUL Logi PARK 福岡」は、アスクルが福岡市より取得した福岡市東区の用地に建設した地上4階建の物流センター。福岡県糟屋郡で2000年9月に開設した「アスクル福岡センター」の移転・拡充計画として、在庫補完能力と出荷能力を2倍に増強した施設となる。総投資概算額は約100億円にのぼる。

延床面積は5万4,842平方米で福岡センターの約2倍。設備効率を最大限に生かすため、2 フロアに跨ぐ高さ約 14 メートルのメーカー最大級のケース自動倉庫による在庫移動(補充)の自動化や自動梱包機 I-pack の導入による梱包工程の効率化など、自動化、省人化、省資源化をテーマに自社設計したという。

また、アスクルでは初めて物流施設内に本格的な調理設備を設置し、スタッフへの昼食の無償提供を開始。働きやすい環境作りにより、高生産性稼動を目指す。

askul2

アスクル
http://www.askul.co.jp/kaisya/

Previous ArticleNext Article