NEWS

リクルート、アパレル店員と顧客をつなぐアプリ「dood(デュード)」を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社リクルートホールディングスの事業育成機関である「Media Technology Lab.」は、アパレル店員と顧客をつなぐショッピングコミュニケーションアプリ「dood(デュード)」の提供を10月24日から開始した。まずはiPhoneアプリの提供を開始している。

dood2

店員と顧客を継続的につなげるプラットフォーム

「dood」は、アパレル店員と顧客が専用アプリを通して継続的なコミュニケーションを行えるようにするサービス。
招待制のサービスとなっており、店舗スタッフが接客した顧客を招待し、フォローされることでつながることができる。
店員をフォローすると、その店員による新しいアイテムやおすすめのコーディネートなどの投稿がフィードで受け取れるほか、1対1のダイレクトメッセージでやり取りすることもできる。

dood1
リクルートはこのサービスを開発した背景として、店員と顧客との間にまだまだ距離があり、店頭での接客を避けたり、一度きりの接客で終わってしまうという機会損失が生まれていることをあげている。

「LINE」の公式アカウントなど、顧客との接点となるコミュニケーションツールもあるが、店員とダイレクトに繋がる点では、「dood」はより距離感を縮めることができるのかもしれない。
ただ、アプリをインストールしてもらう敷居など、乗り越えなくてはならない壁もありそうだ。
パルコでは店員が積極的に情報発信を行う「カエルパルコ」を展開している例があるが、顧客との接点をネット上で作っていく動きは今後もいろいろとありそうだ。

dood(デュード)
http://dood.jp/

イイヅカ アキラ

イイヅカ アキラ

Shopping Tribe編集長。Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。
【メディア出演歴】
日本テレビ「ZIP!」 / TOKYOFM「中西哲生のクロノス」 / 週刊SPA!
イイヅカ アキラ
Previous ArticleNext Article