FEATURE, NEWS

ユニクロがオリジナルTシャツを販売可能に「UTme!マーケット」を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ユニクロは、オリジナルデザインのTシャツを作成して注文できるスマホアプリ「UTme!(ユーティーミー!)」をアップデートし、デザインしたTシャツを販売できる「UTme!マーケット」を4月28日に開始した。
これにあわせ、Tシャツのカラーにブラックとネイビーを追加したほか、ボディタイプにウィメンズTシャツを追加している。

utme00

Tシャツが売れると一枚につき300円が収益に

「UTme!マーケット」は、「UTme!」でデザインしたTシャツやトートバッグなどをアプリ上で販売することができるサービス。出品した商品を他のユーザーが購入すると、一枚につき300円(消費税別、源泉税込)がデザイン費として出品者に支払われる仕組み。商品の発送や注文者とのやりとりはすべてユニクロが行う。

market-ch03
最初に出品する際にクリエイター登録が必要で、住所・氏名・電話番号・生年月日・性別・振込先情報などを入力する必要がある。
出品する際に審査があり、著作権を侵害していないかなどの確認が行われたのちに、販売が開始される形となる。審査は最大で14日程度かかるとのことだ。
出品は、作成したデザインの画面から簡単に行うことが可能で、販売後の売上状況もマイページで確認できる。

utme3

「UTme!マーケット」で様々なデザインが購入可能に

購入に関しては、「UTme!」のアプリを立ち上げると「UTme!マーケット」が最初に表示されるようになっている。スタッフのおすすめやランキング、新着などでTシャツやトートバッグを探すことができる。

utme1
購入する際の価格は、通常価格1,990円〜に加えてデザイン料として300円が加算される形で、送料は450円かかる。複数のデザイナーのTシャツを同時に購入することが可能で、合計5,000円以上で送料が無料になる。最短翌日発送なのもこれまで通りだ。

utme2

著名人もTシャツを出品

サービス開始にあわせ、俳優の田辺誠一のデザインやお笑い芸人の陣内智則などのデザインも出品されている。お気に入りのデザイナーをフォローする機能も6月に提供予定だ。

utme4
今回、メンズTシャツ、キッズTシャツに加え、ウィメンズTシャツが選択できるようになり、ホワイトのみだったボディカラーもブラック、ネイビーが選べるようになった。
スタンプには田辺誠一がデザインしたかっこいい犬。もっちーが加わり、5月中旬にコカ・コーラも追加される予定だ。

20150428_img3
メンズTシャツ(XS-XL)  ホワイト:1,990円、ブラック、ネイビー:2,990円
ウィメンズTシャツ(S-XL) ホワイト:1,990円、ブラック:2,990円
キッズTシャツ(110-150) ホワイト:1,790円、ネイビー:2,790円
トートバッグ       オフホワイト:2,490円

せっかくなら作成したデザインを販売したいということは多くの人が思っていたことではないだろうか。配送や購入者のやりとりもすべてユニクロが行ってくれるため、出品する側のリスクがないだけでなく、300円がデザイン料として支払われるのもポイントだ。
Tシャツのカラーが追加されという大きな機能拡充が行われており、今後もさらなる拡充が期待できそうだ。

UTme!(ユーティーミー!)
http://utme.uniqlo.com/

UTme!
iPhone / Android
価格: 無料

イイヅカ アキラ

イイヅカ アキラ

Shopping Tribe編集長。Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。
【メディア出演歴】
日本テレビ「ZIP!」 / TOKYOFM「中西哲生のクロノス」 / 週刊SPA!
イイヅカ アキラ
Previous ArticleNext Article