NEWS

日本郵便、医薬品販売を通販サイトで開始 ー ココカラファインと連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本郵便株式会社は、同社が展開する日本郵便の通販サイト「郵便局のネットショップ」にドラッグストア専用ページを開設し、医薬品や日用品などの販売を2月23日から開始した。ドラッグストアチェーンを展開する株式会社ココカラファインと連携することで実現した。

japanpost-drag1

郵便局での受取にも対応予定

「郵便局のネットショップ」は、これまで産地直送の産品、お中元・お歳暮などのギフト商品や、切手をはじめとしたオリジナルグッズなど、約2万アイテムを取り扱ってきた。今回新たに「ドラッグストア」のタブが新設され、指定第2類・第2類・第3類医薬品のほか、医薬部外品、健康食品、化粧品、日用品などの約7,000アイテムを拡充した。
販売者はココカラファインで、薬剤師が土・日・祝日も常駐し、利用客からの個別相談にも応対する。体質や生活に合った薬であるかを確認する「問診チェック機能」も用意した。

「郵便局のネットショップ」の商品は送料を含んだ価格になっているが、ドラッグストアで扱う商品は全国一律540円(税込)の送料が発生する。ただし、合計金額が5,000円以上の場合は送料無料となる。商品はゆうパックで配送する形で、今後郵便局での受取も可能にする予定。

郵便局のネットショップ ドラッグストア
http://www.shop.post.japanpost.jp/shop/c/c20/

Previous ArticleNext Article