FEATURE, MATOME

使ったほうが絶対お得!いま話題のフリマアプリ10選【2016年版】(調査データ付)

frima2016
スマートフォンの普及が進む中、スマホで商品を撮影して簡単に出品ができる「フリマアプリ」の利用者がどんどん拡大しています。2012年後半から続々と登場したフリマアプリですが、2015年には「ZOZOTOWN」を展開するスタートトゥデイが参入し、いよいよ出揃ってきた感があります。

フリマアプリが注目を集めているのはスマホで撮影して出品できる手軽さと、売買がスームズに行えるシンプルな仕組み、そして決済代行による安心な取引を実現している点がポイントになっています。毎分のように出品されているサービスもあり、欲しい物が出品されていないかを細目にチェックするユーザーも多いようです。

さらに、個人間取引は基本的に消費税がかからないことから、今後の増税によって割安感が強くなる可能性も指摘されており、社会情勢も後押ししている分野になっています。

オークションとの違い

個人間取引といえばネットオークションを連想する人も多いと思いますが、フリマサービスの大きな違いは、固定の価格での取引が基本である点です。オークションはより高い価格で売ったり、安い価格で落札できたりする可能性もありますが、時間と手間がかかるデメリットがあります。その点フリマアプリは出品も購入も少ない手間で行えるのが特徴です。


安全に取引できる仕組み

個人間取引の不安点として詐欺のリスクがあります。料金を支払ったのに商品が届かなかいケースなど、お店との取引とは違い、トラブルに合いやすい面は否定できません。
しかし、現在公開されているフリマアプリの多くは安全に取引ができる仕組みを導入しています。商品代金を一旦サービス提供企業に預け、商品を受け取ってから支払われる仕組みとなっており、お金を払ったにもかかわらず、商品が届かないというトラブルが避けられます。
また、出品者の本人確認を必須にしているサービスも多く、その点も安心に取引ができるポイントとなっています。

フリマアプリは出品時は無料で取引成立時のみ手数料が発生するのが一般的で、現在は手数料を無料にしているサービスもあります。


それではスマートフォン向けにフリマアプリを提供している10社を紹介します。手数料やターゲット、出品できる価格帯などを比較しながらご覧ください!


メルカリ

http://mercari.jp/

mercari1
元ウノウの代表取締役である山田進太郎氏が立ち上げたのが「メルカリ」。サービス公開当初は社名が株式会社コウゾウでしたが、現在は株式会社メルカリとして提供しています。後発ながら、2014年から一気に利用者を伸ばし、現在ではアプリのダウンロード数が2,500万、月間流通総額は100億円を超えており、もっとも利用されているフリマアプリとなっています。


運営会社 株式会社メルカリ
ターゲット すべて
提供開始 2013年7月3日
決済代行 コンビニ決済、クレジットカード決済、銀行(ATM)決済、キャリア決済
出品者の手数料 販売価格の10%※取引成立時のみ
購入者の手数料 コンビニ支払い、銀行(ATM)支払い、キャリア決済の場合のみ100円
会員登録方法 Facebookアカウント、Googleアカウント、メールアドレス
対応端末 iPhone / Android
価格設定 300円〜29万円
フォロー機能 なし
会員数 2,500万(アプリのダウンロード数:2016年3月に発表された数字)
月間流通総額 100億円以上(2016年3月に発表された数字)
1日の出品数 数十万点(2015年2月に発表された数字)

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
iPhone / Android
価格: 無料



Fril(フリル)

http://fril.jp/

fril1
今回紹介するサービスの中で最も早いタイミングでスマートフォン向けのフリマアプリをリリースしたのが「Fril(フリル)」です。当初は女性にターゲットを限定していましたが、2015年7月から男性でも利用できるようになりました。ダウンロード数は450万を突破する人気アプリとなっています。
2014年からはブランドが個人にアウトレット商品を販売するBtoCサービスとなる「Fril公式ショップ」を開始しています。

運営会社 株式会社Fablic
ターゲット ファッション特化
提供開始 2012年7月27日
決済代行 コンビニ決済、クレジットカード決済、銀行(ATM)決済、キャリア決済、LINE Pay決済
出品者の手数料 販売価格の10%※取引成立時のみ
購入者の手数料 コンビニ支払い、銀行(ATM)支払い、キャリア決済の場合のみ100円
会員登録方法 Twitter、Facebookアカウント、メールアドレス
対応端末 iPhone / Android
価格設定 300円〜50万円
フォロー機能 あり
会員数 450万(アプリのダウンロード数:2016年3月時点で公表されている数字)
月間流通総額 5億円以上(2014年10月に発表された数字)
1日の出品数 数万点(2014年10月に発表された数字)

フリマアプリFril(フリル) -ファッションをショッピング
iPhone / Android
価格: 無料



ラクマ

http://rakuma.rakuten.co.jp/

rakuma1
楽天が2014年11月に開始したフリマアプリ。名称は「楽天フリマ」からきています。ターゲットは特に絞らず、幅広いカテゴリを用意しています。
出品手数料、販売手数料、決済手数料はすべて無料で提供し、支払い時に楽天ポイントも利用できます。

運営会社 楽天株式会社
ターゲット すべて
提供開始 2014年11月17日
決済代行 コンビニ決済、クレジットカード決済、銀行(ATM)決済
出品者の手数料 無料
購入者の手数料 コンビニ支払い、銀行(ATM)支払いの場合のみ200円
会員登録方法 楽天ID
対応端末 iPhone / Android
価格設定 300円〜29万円
フォロー機能 なし
会員数

フリマアプリ ラクマ-出品手数料無料の楽天のアプリ
iPhone / Android
価格: 無料



ZOZOフリマ

http://zozo-f.jp/

zozo4
スタートトゥデイが2015年12月に開始したアパレルに特化したフリマアプリ。過去に「ZOZOTOWN」で購入した服や、「WEAR」に登録した服を一覧から選んで簡単に出品できるほか、ZOZOが持つデータベースから商品を検索して出品することができます。一般的なフリマアプリは出品する商品に使用する写真は自分で撮影したものに限定していますが、「ZOZOフリマ」では、ZOZOが撮影した新品の写真を使用することができます。

運営会社 株式会社スタートトゥデイ
ターゲット ファッション特化
提供開始 2015年12月15日
決済代行 コンビニ決済、クレジットカード決済、銀行(ATM)決済
出品者の手数料 販売価格の10%※取引成立時のみ(現在は無料)
購入者の手数料 コンビニ支払いのみ200円
会員登録方法 ZOZO ID
対応端末 iPhone / Android
価格設定 100円〜29万円
フォロー機能 あり
会員数

ZOZOフリマ(ゾゾフリマ)
iPhone / Android
価格: 無料

イイヅカ アキラ

イイヅカ アキラ

Shopping Tribe編集長。Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。
イイヅカ アキラ

Previous ArticleNext Article