FEATURE, MATOME

日本からも買える!海外のおしゃれなインテリア・雑貨ECサイト10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画や海外ドラマを見ていると、洗練されたインテリアやカラフルな雑貨についつい目がいってしまいますよね。
こんなお部屋に住んでみたい!と思っても、残念ながら日本で買える海外のインテリアはほんのごく一部です。
それなら海外のお店から直接買っちゃおう!ということで、日本からも注文可能な海外のインテリア・雑貨のネットショップをピックアップしてみました。

main-image01

1.Crate&Barrel (クレイト&バレル)

oversea01http://www.crateandbarrel.com/

アメリカのシカゴを拠点とした、家具・インテリア雑貨のお店。
商品のテイストとしては、シンプルでかっこいいデザインのものが多いので、スタイリッシュで洗練された空間が好きな人にオススメです。
50年以上の歴史があり、北米を中心に150以上の実店舗を運営しています。
品揃えはかなり豊富で、特に家具と食器・キッチン用品は商品が多すぎて見切れないくらい!しかし、価格や色・ブランド・素材・細かい特徴などのフィルタリング機能がとてもしっかりしているので、自分の好きな商品やテイストを絞り込みやすいです。
トップページに入ると、「日本への配送を始めました」という日本語の案内が出てきます。
また、価格も日本円表示になっており、消費税・関税の計算も精算時に行ってくれます。
精算時に注文者情報を入力する画面も日本語表記になっており、とても親切。
安心してお買い物ができそうです。


2.made in design (メイド イン デザイン)

oversea02http://www.madeindesign.co.uk/

ロンドン発のインテリアのオンラインショップ。
ピンク色がアクセントになったポップなウェブサイトの印象通り、カラフルでちょっと個性的な商品が多いので、自分の部屋で使わないとしても、眺めているだけで楽しくなってしまいます!
特に家具・照明と、クッションや花瓶・オブジェなどの室内装飾の品揃えが豊富です。
サイトの会員でないと会計に進めず、非会員の場合は会計前にアカウントを作成しなければなりません。
会員にならずに送料をちょっとチェックするというのができないのが少し面倒ですね。


3.BALLARD DESIGNS (バラードデザインズ)

oversea03http://www.ballarddesigns.com/

アメリカのアトランタを拠点としたインテリアショップ。
実店舗もアメリカに5店出店しています。
ナチュラルで柔らかい雰囲気の家具やファブリックアイテムや、額入りの絵などのウォールデコを数多く取り揃えています。
面白いのが、こちらのブログ。(http://www.howtodecorate.com/
お部屋のコーディネート例やお部屋作りのアドバイスなどを紹介しており、見ているとインスピレーションが湧いてきます。
こちらでもトップページに入ると、「日本への配送を始めました」という日本語の案内が。価格も日本円表示で、会計画面も日本語になります。


4.JONATHAN ADLER (ジョナサン アドラー)

oversea04http://www.jonathanadler.com/

インテリア・雑貨ブランドが自ら運営する、アメリカのオンラインショップです。
もともとは花瓶などのデザインから始まり、約15年の間にラグやクッションなどのファブリックアイテムや、家具などのデザインにも進出。
ファブリックの柄はビビッドな幾何学模様が多く、スッキリしつつ個性的なお部屋作りに役立ちそうな品揃えです。


5.HOME DECORATORS(ホームデコレーターズ)

oversea05http://www.homedecorators.com/

アメリカのジョージア州が拠点のオンラインショップで、クラシカルな雰囲気な家具・装飾品を販売しています。
ギリシャの歴史的な建築の柱がモチーフのオブジェや、ペルシャ絨毯のようなラグがあったり、お部屋のアクセントになりそうなアイテムも多いです。
ギフトカテゴリもあるので、珍しい贈り物をしたいときはチェックしてみると面白いかも。
こちらでもトップページに入ると、「日本への配送を始めました」という日本語の案内が。価格も日本円表示で、会計画面も日本語になります。

桑田唯

桑田唯

ECサイトの雑貨バイヤーの経験を活かしつつ、ライター業にも従事。
海外で売っている商品や、各国のライフスタイルに興味があります。
好きな国はフランス。
2015年3月、インテリアコーディネーターの資格を取得。
2015年夏より、パリに滞在。
パリでの生活について発信するブログ「死ぬ前に、パリ暮らし」更新中。
桑田唯
Previous ArticleNext Article