INTERVIEW

【インタビュー】「1秒で完了する決済を実現」コイニー代表 佐俣奈緒子氏(前編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年はスマートフォンやタブレットを決済端末として利用可能にする「スマートフォン決済」と呼ばれるサービスが次々と登場しました。

「Square」や「PayPal」など、海外発のサービスが多い中、日本のベンチャー企業である「コイニー」が2013年4月10日にスマートフォン決済のサービスを開始しています。

今回は、2014年4月10日にサービス開始から1周年を迎え、新オフィスで2年目をスタートさせたコイニー株式会社 代表取締役社長の佐俣奈緒子氏にスマートフォン決済や「Coiney(コイニー)」の現状について伺いました。
インタビューの模様を前編・中編・後編の3回に渡ってお届けします。

coiney-1

―― Coineyのサービスについて改めて教えてください。

佐俣:スマートフォン決済とかスマホ決済と言われているサービスで、タブレットやスマートフォンのイヤホンジャックに「Coineyリーダー」を刺して決済端末にするもので、iOSとAndroidに対応しています。
お店が利用するサービスで、これを使ってクレジットカード決済を行うことができます。

coiney
従来クレジットカードは、レジの隣にある機械で読んだり、レジに一体型になっているもので読んでいましたが、これがスマートデバイスに置き換わるというものです。
これまでは端末が高価で、審査が通らない、審査までの時間が長い、手数料が高いなどのいろいろな問題がありましたが、まずは申し込んだらすぐに使えるサービスにするべく取り組み、最短2営業日で使えるようにしました

いままでは、会社の設立年月日の期間や業種、規模などで審査がかけられて、手数料も「あなたの場合は何%ですよ」というような形で決まっていて、ブラックボックスだったんですね。例えば、一般消費者がローンを借りるときに基準がわからないのと一緒で。

Coineyは、手数料を3.24%の一律で提供させて頂いているので、非常にクリアで、導入頂くときに検討がしやすいと思います。
入金のサイクルに関しても、これまで「末で締めて翌末で払います」とか、「15日で締めて末で払います」ということが多かったと思うのですが、Coineyでは、5日ごとに月6回締めて払うようにしているので、キャッシュフローという意味でもだいぶ改善がされてきているところがあります。
中小企業の方々にとって簡単にご利用頂けるような決済のソリューションとしてサービスを提供させて頂いています。


―― 5日ごとに締めるのはかなり頻繁なイメージがありますが、手数料はかかるのでしょうか。

佐俣:お店の方に「引き出し」の依頼を我々の方にかけて頂くと、翌営業日に着金する形になっていますが、1回の引き出しが10万円以上の場合は無料、10万円未満の場合には1回あたり200円を頂いています。

イイヅカ アキラ

イイヅカ アキラ

Shopping Tribe編集長。Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。
【メディア出演歴】
日本テレビ「ZIP!」 / TOKYOFM「中西哲生のクロノス」 / 週刊SPA!
イイヅカ アキラ
Previous ArticleNext Article