INTERVIEW

【インタビュー】「楽天チェックほどわかりやすいO2Oサービスはない」スポットライト代表 柴田陽氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

店舗に訪れるだけで楽天のポイントが貯まる「楽天チェック」が4月2日よりサービスを開始した。約9,000万人の楽天会員を実店舗に送客できるサービスとして注目を集めている。

関連記事:店舗に訪れるだけで楽天のポイントが貯まる「楽天チェック」提供開始

ポイントサービスは本来「何かを購入した場合の1%がポイントとして付与される」といった形一般的だが、「楽天チェック」は店舗に訪問してチェックインするだけで、ポイントがもらえるシステムとなっており、ユーザーの店舗への来店を促進させることができる点がこのサービスの最大の特徴だ。

今回は、楽天チェックを提供する株式会社スポットライト代表の柴田陽氏にリリース直前にお話しを伺った。

rakuten-check-i1

―― 楽天チェックを発表してから反響はどうか

柴田:「おかげさまでたくさんの反響を頂いており、チェーン店の参加などが決まっている。店舗数でいくと1,000店舗強ぐらいで、現在のスマポの契約店舗数以上の規模でスタートできそうだ。」

rakuten-check3
―― 実際にサービス開始時には全国1,112カ所で利用できることが発表された。参加ブランドは「紳士服はるやま」「ジョーシン」「日比谷花壇」などの61ブランド。


―― スマポと楽天チェック、何か反応の違いは感じるか

柴田:「スマポでは2つの反応があった。1つは来店するだけでポイントが貯まる点が新しく受けがいいこと。もう一つは、スマポポイントにあまり馴染みがないため、ポイントが加盟店の商品券やポイントカードに交換できるという点で理解のためにワンクッションの説明がどうしても必要になるということだった。
今回、楽天スーパーポイントの場合はほぼ説明が不要なため、そういった意味では良い反応が得られそうだ。

それから、スマポは一都三県と大阪などを中心に23都道府県で展開しているが、せっかく九州や四国の方がスマポを知っても、近くに使える店舗がないので、早く使えるようにして欲しいといった要望が、レビューなどを見ていても多かった。楽天チェックでは全都道府県で使ってもらえるので、いままで利用できなかったユーザーにも利用できるようになる。」

smapo

―― 楽天市場に出店している店舗には「楽天チェック」導入のアプローチをしているのか?


柴田:「店舗はスポットライト自身で開拓するのがまずは基本方針だが、一部は楽天市場や楽天Edyの加盟店などの顧客接点を通じてアプローチをしている。
楽天Edyは35万の加盟店がいる電子マネーサービスなので、その一部へのお声がけは楽天Edyと一緒に行っている。」

イイヅカ アキラ

イイヅカ アキラ

Shopping Tribe編集長。Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。
【メディア出演歴】
日本テレビ「ZIP!」 / TOKYOFM「中西哲生のクロノス」 / 週刊SPA!
イイヅカ アキラ
Previous ArticleNext Article