FEATURE, INTERVIEW

【インタビュー】「2015年、minneに積極投資する理由」GMOペパボ代表 佐藤健太郎氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人で手軽にハンドメイド作品の売買ができるハンドメイドマーケットプレイス「minne(ミンネ)」。サービスを展開するGMOペパボは、開始して4年目を迎えたこのサービスに、2015年積極的に投資することを2014年12月期の決算説明会の場で明らかにした。
GMOペパボの2014年12月期の純利益は4億1千万円だったが、この発表の中で2015年12月期の純利益を0円と予想。今年生まれる利益を「minne」に積極的に投資していく考えだ。
2015年2月14日からは、GMOペパボでも初となる「minne」のテレビCMを開始。その効果は早速現れており、CM開始後iPhoneアプリの無料総合ランキングで2位まで上昇、2月21日にはアプリのダウンロード数は100万ダウンロード突破している。


ハンドメイドカテゴリで頭一つ抜けた感のある「minne」

「minne」の2015年2月時点の作家数は8万7,000人、作品数は87万点と、ハンドメイドマーケットプレイスとしては最大の規模となっている。他社と比べても頭一つ抜けた存在となってきた。
まさにいま伸び盛りのサービスといえるが、このタイミングで「minne」に積極投資を決めた理由をGMOペパボ 代表取締役社長の佐藤健太郎氏に伺った。

pepabo1

―― 2015年12月期の業績を利益ゼロ予想にして、minneへのプロモーションなど積極投資を決めました。その背景にはどのようなものがあるのでしょうか。

佐藤:「minne」は最初PC向けに始めたのですが、スマホのユーザーさんも増えてきまして、スマホでの購入が上回ってきています。我々としても、スマホがこれからも伸びるだろうというのがまず前提としてあります。
「フリマアプリ」や「カスタマイズファッションコマース」などの、「スマホアプリ×EC」や「ファッションアプリ」の分野が広がってきていて、ダウンロード数が数百万というプレーヤーさんがいらっしゃる中で、我々としては、踏み込むのであればスマホアプリに注力する方が、今後の伸び代が大きいのではないかということがありました。

minne-inter6
もう一方で、レンタルサーバーをはじめたときからそうなのですが、我々はもともと個人の人たちの表現活動を支援してきています。我々のビジョンと将来性の部分で、ハンドメイドがいろんな人たちの表現活動であって、それをプラットフォームとして支援していくのが伸ばしていきたい領域になっています。

あとは、海外で「Etsy(エッツィ)」のように、ハンドメイドやクラフトなどのヴィンテージのマーケットプレイスで大きなものが存在するところを見ると、ここの領域の可能性がすごく大きいと判断しました。そこをスマホで伸ばしたいのと、やるからにはちゃんとマーケットとして確立させなくてはいけない部分で、半端にやっていても仕方ないところがあったのですね。であれば、2015年はそこに一点突破できるような形でやろうというのが、今回積極的な投資でいこうと判断した理由ですね。


1年でいろいろな面で伸長 作家数も約3倍に

―― 「minne」は、2014年1月には3万人ぐらいだった作家数が、2015年1月には8万4千人まで伸びています。この1年で急に伸びたのはどのような理由が考えられるのでしょうか。

佐藤:一気にブレイクスルーしたようなポイントは正直あまりなくてですね、どちらかというとじわじわとやってきたところがあります。「minne」自体はほとんど福岡をベースにしていたので、特に福岡のほうではリアルなイベントを毎週末開催したり、大きなところではビッグサイトでのイベントで我々も出店させていただいたりしました。

minne-inter9
リアルな接点を作るのは購入する方もですが、作家のツテを作るという目的もありました。あとはウェブのプロモーションをやったりとか、地道なマーケティングを続けてきたところがありますね。
「minne」で購入した人が、逆に作ってみようかなという気持ちになって、作家になられた方もいらっしゃいます。


―― スマホアプリは2013年10月とかなり早くから導入していますが、デバイスの閲覧比率ではブラウザが88%で、アプリが12%というのが意外に感じたのですが、これはどのような理由が考えられますか。

佐藤:ハンドメイドの作品をスマホアプリで買うことが、まだなかなか認知されていなかったということがありますね。結構早い段階でスマホのブラウザで閲覧できるウェブビューを提供していたので、アプリがなくてもスマホのブラウザ上で購入できるところが、アプリがまだ12%ぐらいになっている理由としてありますね。

minne-inter8
今回投資することに関して言うと、いままでのPCだけじゃなくてスマホアプリで購買させる数を増やそうというのが一つの狙いでもあったので、そこは今後効果が出るのではないかと思っていますね。

イイヅカ アキラ

イイヅカ アキラ

Shopping Tribe編集長。Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。
【メディア出演歴】
日本テレビ「ZIP!」 / TOKYOFM「中西哲生のクロノス」 / 週刊SPA!
イイヅカ アキラ
Previous ArticleNext Article