FEATURE, PRODUCTS

【試用レポ】あらゆるストレスから解放してくれる完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Appleが提供するワイヤレスイヤホン「AirPods(エアポッズ)」が12月19日に発売されました。当初は10月下旬を予定していましたが、遅れること2ヶ月弱でようやくの販売開始となりました。12月13日の深夜になんの前触れもなくAppleのオンラインストアで予約が開始されたのですが、数時間ほどで初回発送分は売り切れとなってしまいました。現在は6週間待ちといった状況です。

airpods2
今回初日に手に入れることができ、色々と試してみましたが、さすがの完成度といった感触でした。外れにくさを確認するためにジョギングなどでも使ってみたので、そのレポートをお届けしたいと思います。

コードがない完全ワイヤレスなイヤホン

iPhone7からイヤホンジャックを取り除き、ワイヤレス化の推進を狙うAppleが満を持して発売したのが、ワイヤレスイヤホン「AirPods」。左右のヘッド部分をつなぐコードもないため、完全ワイヤレスなイヤホンです。
確かにイヤホンのコードには色々なストレスを感じます。「こんがらがったコードを解く時」「コードの長さで身動きを制限される時」「ちょっとだけ使いたいときの面倒くささ」などなど、色々なことが思い浮かびますね。

airpods3
iPhone7が発表されてから、私もいくつかのワイヤレスイヤホンを試してみました。いま世の中に出ているほとんどのワイヤレスイヤホンは、ヘッド部分を短いコードでつなげ、スマホなどの端末とBluetoothで接続できるというものです。確かにコードの煩わしさからある程度解放してくれますが、また違ったストレスを感じることもわかりました。

「Bluetoothの接続が不安定になリがち」「こまめに充電する必要がある」「音質が良いものがあまりない」「端末を切り替えるのがかなり面倒」など。高価格帯のものであれば音質には満足できるかもしれませんが、そのほかの問題はなかなか解消が難しい部分だったりします。
製品によっては「重い」だとか「外れやすい」だとか、「ヘッド部分をつなぐコードがしっくりこない」など、固有の不満もありました。

しかし、「AirPods」はこれらの問題をほとんど解消してくれました。


AirPodsはあらゆるイヤホンのストレスから解放してくれる製品だった

初日に使ってみた感想としては「かなり高い完成度」で、イヤホンの使い勝手が格段に高まる感触を得ることができました。常に期待値が高いのもありますが、Apple製品で久しぶりに期待を上回ってくれた製品です。
ポイントとしては「着脱の容易さ」「端末の切り替えの容易さ」「電話での使い勝手の良さ」「接続の安定性」「コードレスによる快適さ」があります。

まず驚いたのが初期設定の簡単さ。iPhoneの近くで充電ケースを開けると、画面に「AirPods」の設定ウィンドウが表示され、「接続」というボタンをタップするだけで完了します。しかもiCloudにサインインしていれば、同じApple IDでサインインしているすべての対応デバイスも、同時に自動で設定してくれるのです。

これは初回の接続時を撮影した動画です。2回目以降は勝手に接続されます。


それでは、ポイントとしてあげた点を一つひとつ説明していきます。


イイヅカ アキラ

イイヅカ アキラ

Shopping Tribe編集長。Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。
【メディア出演歴】
日本テレビ「ZIP!」 / TOKYOFM「中西哲生のクロノス」 / 週刊SPA!
イイヅカ アキラ
Previous ArticleNext Article