DATA

通販売上高2013年度は5兆8,600億円に ー 15年連続の伸び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公益社団法人 日本通信販売協会(JADMA)は8月26日、2013年度(2013年4月〜2014年3月)の通信販売市場の売上高についての調査結果を発表した。

jadma-2013
2013年度の通販の売上高は、前年比8.3%増の5兆8,600億円となり、金額ベースでは前年に比べ4,500億円の増加となった。
伸び率は前年度結果(6.3%)を2ポイント上回り、他の小売業態に比べて高い成長率を維持した。マイナス成長を記録した1998年度以来、15年連続して増加傾向が続いており、ここ10年の平均成長率は7.7%となっている。

JADMAは、通販市場の成長要因として、楽天、アマゾン、スタートトゥディ等モール、大手EC企業が牽引役となっていることや、店舗系のネット通販の伸び、新商品、サービスのネット通販企業の参入による裾野の拡大、シニア市場拡大に伴うメーカー通販(健康食品、化粧品)、宅配事業の堅調な伸びなどをあげている。

通販市場の売上高は、JADMA会員492社(調査時点)を対象に実施した「第32回通信販売企業実態調査」から得た回答の売上部分を先行集計した結果と、各種調査から推計できる有力非会員約285社の売上を加えて算出したもの。
推計値は、衣料品や雑貨、化粧品、健康食品などの物販が中心で、保険・デジタルコンテンツに関しては、会員売上高に一部含まれている。
(調査期間:2014年6月23日~8月19日)



公益社団法人 日本通信販売協会(JADMA)
http://www.jadma.org/

イイヅカ アキラ

イイヅカ アキラ

Shopping Tribe編集長。Web制作会社にデザイナー、ディレクターとして従事後、フリーを経て、現在は株式会社プレイドに所属。
【メディア出演歴】
日本テレビ「ZIP!」 / TOKYOFM「中西哲生のクロノス」 / 週刊SPA!
イイヅカ アキラ
Previous ArticleNext Article